05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

八王子いちょうホールでのロビーコンサート (9月10日) 

落ち込んだり、今まで頑張ってきたことがわからなくなったり、色々な感情を持ちながらの1週間でした。
 海外へ留学したい人たちは、本当に帰ってきてからのことを考えてから海外へ出た方が良いように思います。
 特にこの世界では、私のような音楽界とのつながりが全くない人間には、とても生きにくい場所である、というのを想像以上に実感しています。
 最も、私は日本に帰るつもりはなかったので、このような状況になることを覚悟し、決めて帰ってきたはずなのですけれどね。
 イギリス以上に大変に感じます。


 そんな中ではありますが、帰国前から決まっていた本番はやってきます。


160910


 内部の写真はありませんが、東京都八王子市のいちょうホールでのロビーコンサート。
 毎週土曜日に30分間行われているようです。
 これは、抽選で誰でも出演できるもの。
 
 プログラムは

 ウェーバー: 舞踏への勧誘
 ショパン: ノクターン 変ニ長調 作品27-2
 ドビュッシー: ロマンティックなワルツ
 ロータ: ワルツ
 シューベルト/リスト: ウィーンの夜会 第6番

 
 インフォメーションのすぐ隣での演奏。
 入り口にも近く、私が今まで弾いてきたロビーコンサートの中でも、最も人の動きが多かったものかもしれません。
 集中するのだけで精いっぱいなのが情けない。

 ウェーバーの舞踏への勧誘は、久々。
 やっと情景がみえてきたか? 本当は良いピアノのはずなのに、弾き込みがやはり集中していないので、タッチが安定しない、C6のヤマハのグランドピアノ。
 細かいところの鍵盤の動きが悪いのが少々困りはしましたが、その代わり、挑戦のし甲斐があるというか無いというか。

 ショパンのノクターンは、今日のプログラムでは一番本番に出してあることもあり(先月の山王病院でも弾きましたし)、これはやはりどういう状況であれ、自分の世界に入れるのだな、と。
 本当は、新曲であれ、全てに対してそうでなければいけないのですが。

 本当は、コッペリアのワルツを弾く予定が、諸事情により、小さなワルツ2曲に変更。
 珍しく、ドビュッシーを新しく譜読み。
 私には最初は捉えにくかったのですが、段々、パリの色と香りが見えてきました。
 事故はありましたが・・・ 来月の本番の為の仕上げだったので、次はきっと今回の失敗をいかして。

 そして、先月山王病院で初出しした、ロータのワルツ。
 知られていない曲だけれど、ちょっとクラシックから外れている部分もあり、聴きやすいようです。

 最後は、シューベルト/リストのウィーンの夜会。
 ロビーは天井が高いところもありつつ、残念ながらピアノが置かれていたのは、とても天井が低い部分。
 音がこもりがちで、どのようにキレを出せばよいのか、試行錯誤ではありましたが、そして、この作品を健康的な自然光の中で弾くのはまた難しいな、と思いながらの演奏ではありましたが、このような通りすがりに聴けるようなコンサートにしては、超有名曲を省いたプログラムで(舞踏への勧誘は、前奏部分が終わったら、ああ!となった方が多かったようですが)、トークを入れながら、少しでも、超有名曲以外の曲をお伝えしたい、という私の思いでのコンサートでした。

 いらして下さった方々、どうもありがとうございました。

 JRの八王子駅、というのは初めて下車しましたが(八王子だと、京王線の南の方に友達がいるので、何度か行っていますが)、昭和と新しさが混じったような商店街があったりして、駅から15分ほどの徒歩での道のりも、キョロキョロとしながらでした。
 そして、電車の中から見えた、山の風景。
 同じ東京都でも、都心と八王子。 とても違うのだな、改めて思うばかりでした。
 山がほとんどないイングランドでの生活が長かった私にとって、山のある風景は、特別です。

Posted on 2016/09/11 Sun. 22:05 [edit]

category: 自分のコンサート

TB: 0    CM: 0

11

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2632-ac13b896
Use trackback on this entry.

Trackback
list