05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ピアノフェア 

 あっという間に9月になってしまいました。
 書きたいことはあるものの、落ち込みだったり、どこにも持っていくことができない気持ちがあったり。
 本業に対してのもどかしい思いでいっぱいなのかもしれません。
 
 カレンダー、手帳には、グレード試験の申込期限が書き込まれ、公立の学校の始業日も記入されています。 
 昨年の12月頃に書いたものだと思うので、複雑な思いです。

 7月に私が日本に帰ってきてすぐに発表された、2017/18の王立音楽検定のピアノの新しい課題曲をやっとみる余裕ができて、それらをみながら、無意識に、誰々にはこれを勉強してもらいたいな、でも自分ではこれを選ぶかしら?なんて考えてしまう部分もまだあります。
 
 そんな中、今日は、初めて東京国際フォーラムへ。
 そばは車で通ったことがありましたが、中へ入るのは初めて。
 Jazz Festivalが行われていて、イギリス英語が聞えてきて、思わず懐かしくなりました。

 
160903


 お目当ては、これ。
 ピアノフェア。
 今、すぐに購入できるわけではありませんが、日本ではどんなピアノを持っているかで、まずピアノの先生の価値が決まってしまうようなので、アップライトピアノの私は、まず下の方に位置します。
 それも悔しい。

 というわけで、いくつかのメーカーをみることができるようだったので、行ってみました。
 ここで、凄く気に入ったピアノに出会ってしまう。
 
 試弾させて頂いていたのですが、どうやら、私の弾き方に出店していた楽器店の方々が気が付いてくださって、話をして下さいました。
 他の方々に比べて、繊細で、音を鳴らして、響きがきれい、というのが声をかけて色々と話をして下さった理由。
 確かに、他の試弾をなさっていた方々は、とにかく叩きまくって、思わず私は耳をそらすこともありました。
 でも、それが日本では一般的な、コンクールで通るピアニズム。

 だから、今回は楽器店の方々が、弾き方の違いに気が付いて下さったのは、とても嬉しいし、驚きでもありました。

 2時間半ほど、あっという間に経ってしまいました。
 ついでに、知識というか、これから楽器を買う、なんていう生徒の参考になるのかな?と思いながら、中古のアップライトピアノの弾き比べまでしてきましたが、おもしろい。

 こんなに、同じ時にいくつものピアノメーカーのピアノが勢ぞろいするのは、本当に凄いし、ありがたいこと。
 今回は購入には至りませんが、有意義な時間でした。

 

Posted on 2016/09/03 Sat. 22:20 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

03

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2630-e68bd790
Use trackback on this entry.

Trackback
list