07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

クラシック音楽が盛んなのか??? 

 クラシック音楽をする上で、日本の方がイギリスよりも恵まれているな、と感じることは多々あります。
 
 1つは、ホールとそこにある立派なフルコンサートグランドピアノ。
 その多くが、ほとんど使われていないような印象がありますが・・・

 そして、楽譜屋さんが多いこと。
 楽譜屋さん? というよりも楽器店と言った方が良いのでしょうか。

 ロンドンで大き目、と思っていたような楽譜やさんは、日本では決して大きくない。 
 そして、その規模のお店がいくつもある。
 
 私の家の最寄り駅の近くでさえ、小さな商業施設に、楽器店が入っていて、2つ先の多き目の駅のデパートにも、昨年楽器店が入ったところ。
 銀座のヤマハには、ちらっと帰ってきてから寄りましたが、本当にすごい。
 
 イギリスでは手に入らなかったような楽譜が手に入る(日本版)。
 驚くのは、教本というのでしょうか? バイエル、ソナチネ、曲集、いったいどれだけの種類があるのでしょうか?
 イギリスでは考えられません。

 とにかく、私の場合は、日本でどの導入教材を使うか?ということがネックになっていましたが、イギリスで好んで使っていた導入楽譜が、日本語になって数年前から出版されていました。
  色々とみて、この教材が一番好きですし、子供たちの成長にもつながる、と考えているので、これが手に入って良かった。
 
 こんなに多くの教材があって、本当に必要なのでしょうか?というのが最初に思ったこと。
 本当に使いこなせているのか? 

 私が好んで使っているテクニックの教材に、バーナム(Dozen a day)というものがあります。
 日本でも日本語版があって、とてもポピュラー。
 日本でピアノを習っていて、ロンドン時代に私と縁があった方々、皆さんこれを使っていました。
 これは非常に優れた教材。
 これをきちんと使えば、曲を弾く為の準備が非常にできるのです。
 が、音大の先生に習っていたお子さんも含め、私はこの教材を有効活用していたな!と思った方は、ゼロ。
 多くの場合、この教材は初見用に使われる、と聞いて、唖然としました。
 この教材は、初見用では全くないと思うし、そう使っても意味がありません。
 
 楽譜が手に入るのは嬉しい(エルガーのピアノ曲集なんて、イギリスではみたこともありませんでした)。
 でも、多すぎるように思う教本をどのように使うのか。
 各生徒にあう教材を見つけるのは必要かもしれない。
 でも、同じ教材でも、生徒によって使い方を考える。
 その場の発想力。
 そちらの方が大切では?と私は思ってしまいます。
 
 しかし、お遣いを頼まれて、買い物に行ったのに、ちょっと楽譜をみよう、と寄り道をして、家に帰るのが遅くなる、というのが私の問題点。
 本当に日本は凄いのです!!!


 

Posted on 2016/08/23 Tue. 22:14 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2628-6068a581
Use trackback on this entry.

Trackback
list