10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

日本に住む 

酷い雨でした。
地元、所沢がニュースの天気予報で報道されるほど。
 幸い、我が家は川から離れているので、被害はありませんでした。
 町内を流れている小さな川がどうなったのか、気にはなりますが。 途中、消防自動車の音も聞こえていたので。

 毎日の新聞小欄の音読のおかげか、ずいぶん日本語力が戻ったと、自分では勝手に感じているところです。
 が、本当に私が困るのは、日本で生活している他の私の年代の方よりも、日本の冠婚葬祭の知識が恐ろしく欠乏していること。
 そして、それに伴う言葉、というのが、本当に酷い。 いくつか、私が勝手に発音していた単語もありました。
 母は、私が発した言葉からの連想ゲーム状態です。

 今までも、一時帰国中に、なぜか町内のお世話になった方々がお亡くなりになって、お通夜に出ることはありました。
 私自身の祖父母は、私がイギリスに行った年、そして帰国する前年に亡くなっているので、この年になりながら、未だに身内の葬儀に出た経験はありません。

 今回、町会の開拓者である、街の名士のお1人が大往生され、私も面識があり、昨年もお話させて頂いていたので、告別式へ(お通夜は自分のコンサートと重なったので・・・)。
  このような場所で、咄嗟に係の方々から言われた言葉は、ほとんど理解できないことに気が付きます。
 
 本当に、日本独特のことは難しい。
 日本人の外見をしていながら、年相応の日本のしきたりを知らない。
 いや、知らない、とばかり言っていてはいけません。
 20代を日本で過ごさなかった、18年間、日本人会にも属さずにイギリスで生活したツケは、大きいようです。

 

Posted on 2016/08/22 Mon. 21:28 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

22

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2627-23eb638b
Use trackback on this entry.

Trackback
list