07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

考えさせられること 

 先日、お友達などのバレエの発表会を鑑賞。
 もちろん、ロイヤルバレエと比べるわけではありません。
 私自身も高校3年生の渡英までずっとバレエを習っていました(今はこんな体型ですが)。
 それを踏まえての話。
 
 以前も書いたことがありますが、私の先生方はとにかく厳しかった。
 といっても、怒る、という意味の厳しさではなく、とことん突き詰める、という厳しさ。
 私のような出来が悪いのにも、本当に丁寧なレッスンをして下さいました。
 回転(ピルエットなど)が苦手だった私には、皆と同じことをその時やらせず、その基礎となるような練習をさせた先生。
 今の保護者の方々だったら、文句が出るかもしれませんが、私はそうして下さった先生に感謝していました。
 
 トウシューズもきちんと立てていたので、4年前に既になりますが、サマーコースで10数年ぶりにトウシューズをはいて、「瀕死の白鳥」もどき、を踊れたのだと思います。

 今回は、あまりにも驚くことばかりで・・・
 
 ですが、この発表会を観ながら様々なことを考えていました。
 私の先生方のようなのは、きっと少数派。
 ということは、今回のようなお教室が大半であり、習わせている保護者の方々もそれを求めているのかもしれない。 
 とにかく、難しく観える振付を、できていなくても、バンバン含める。
 
 ピアノでも同じことになるのか?と。
 私は、最初の導入は他の先生方に比べてゆっくりの進み。
 その代り、土台をしっかりと作って、2,3年後には、導入を楽しく(この楽しい、という言葉は非常に難しい言葉ではありますが)やった人たちを追い抜き、きっと、時間が許せば、長く続ける子たちがロンドンでは多かった。
 もちろん、最初のお問い合わせのお電話を頂いた時点で、グレード試験を他の先生よりも最初に受けるまでが時間がかかる、とわかった時点で、何度も断られました。
 でも、私には譲ることができないもの。
 最初にきちんと、丁寧にやれば、途中で躓いても、先に進めると私は思っています。

 本当にどうなるのか。
 今の時点では、もどかしいし、本当に帰国が正しかったのかさえ分からなくなってはきています。
 でも、ここで頑張ることを決めた。
 私自身がきっと日本では少数派。
 先月の出身幼稚園でのことを考えても、私はやはりとりあえずは、自分を持っていたいと思う。
 
 様々な考えの先生がいて良いと思うのです。
 そして、そうであるべき。
 でも、私は少数派に属しすぎているのかもしれません。

Posted on 2016/08/15 Mon. 21:23 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

15

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2623-de5635bd
Use trackback on this entry.

Trackback
list