05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

日本の不思議 

 連日の暑さ。 昨年のロンドンの今頃は、長袖にセーターを着ていたような気がします。
 ロンドンにいた頃は、願ってやまなかった、汗をかく気候と、太陽。 これが毎日続くと、うんざりしてくるのは、私の勝手な性格。

 日本での生活、まだまだ慣れないこともあります。

 未だに驚くことが、特に2つ。
 
 一つ目は、スーパーストアでも、薬局でも良いのですが、お店の出入り口に警備員が立っていないこと。
 そして、警備員が立っていないのに、外に商品を陳列し、それを盗む人を見かけないこと。
 これと似たことで、スーパーの裏口に段ボール箱に入った商品が積み重ねられ、それは誰でも触れることができる状態で、無人でそれをおいてあること。
 イギリスだったら、絶対に盗まれます。
 
 2つ目は、小学生などが、子供だけで歩いていること。
 イギリスは法律で、11歳にならないと(10歳か11歳かそれ位だったはず)、保護者無しに、子供は外を歩くことはできません。 子供だけで家に留守番させることも禁止で、これがもしばれると、親は注意されます。
 
 日本で生まれ育ったはずなのに、18年間、という月日は長かったようです。
 オリンピックを見ながら、イギリスを応援している自分がいる。
 

 先日車に乗っていた時(もちろん、私は免許を持っていないので、運転は親)、市内に、中国帰国者定住センターという今年閉鎖された国の施設があることを、初めて知りました。 
 どうやら、我が家は私専用のこの施設の役割を果たしているそうです。

 戸惑いながらも、ずいぶん日本のお野菜の大きさにも慣れ、名前も覚え、時間はかかるものの、スーパーストアでのお遣いもできるように。
 と同時に、毎朝新聞の小欄を音読。 これまで怪しかった漢字の発音もずいぶんできるように。
 
 いくら、ほぼ毎年3週間ほどは日本に一時帰国していた、とはいえども、一時帰国と、定住とは話が違います。
 
 イギリスでの生活を始めた時の戸惑い、というのは、ほとんど覚えていません。 きっと、戸惑いではなくて、驚き、興味だったのかもしれません。 と同時に、日々の生活よりなにより、言葉と、勉強が大変だったのでしょう。
 いや、何も考えていない若さだったのかも・・・


 

Posted on 2016/08/09 Tue. 22:18 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

09

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2620-7dc7540e
Use trackback on this entry.

Trackback
list