04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

私の原点 

 はるか前に卒園した幼稚園。
 小学校でいじめや嫌がらせ、色々と大変だった私は、余計に幼稚園が大好きな場所です。
 年少の時の先生はもうご高齢ですが、年中の時の先生は現在、園長先生、年長の時の先生は主任。
 よって、幼稚園には顔を出しやすく、今までの帰国の間に演奏をさせて頂いたり、遊びに行ったりしていた場所です。

 帰国してすぐ、七夕もやし集会に顔を出したことで、先週はお泊り保育のお手伝いをすることに。
 私は卒園後もこのお手伝いには行ったことがありませんでした。

 先日の七夕もやし集会の後、年長組の参観をちょっと覗かせて頂きました(年齢的に、その場にいても全くおかしくないどころか、きっとお母様方は年下なのだろうな・・・と思うのが複雑)。
 
 この幼稚園独特のわらべ歌、歌集「おおきい木」にのっている歌を聴かせて頂き、そして、絵本、「スイミー」の暗唱を聴く。
 ここの子供たちの歌声はとっても素敵なのです。
 
 先生方の子供たちへの接し方、子供たちがお教室へ行ってからの、保護者へのお話しを聞いていて、私の考え方の元はここなのだな、と改めて思っていました。

 
 お泊り保育のお手伝いをさせて頂いて、子供たちのお夕食の後に思ったこと。
 
 役員のお母様方が作ったカレーがメニュー(私も他の卒園生たちと共においしく頂きました)。
 カレーをよそうお皿は、使い捨てでもプラスチックでもなく、割れるお皿。
 これが、まず私が好きなところ。
 
 ホールが食事をする場所になったのですが、「○○(幼稚園の名前)レストラン」と入口に書かれ、一つ一つのテーブルの上には本物のろうそくと、一輪挿し。
 子供たちが入ってくる時には電気も消して、蝋燭の明かり。
 とっても素敵でした。
 幼稚園児にもこういう雰囲気を味合わせることができる。

 配膳は私たちが行いましたが、片づけ(洗いはもちろん私たちですが)は、子供たちの役目。
  4人(いくつかは3人)で一つのテーブルを囲んでいた子供たち。
 デザートのオレンジの皮と、使ったティッシュのごみ。
 これらは卒園生がごみ袋を持って、そこに持ってきてもらう。
 お皿は廊下にいる先生へ。
 
 「みんながバラバラに持っていったら、混雑します。 どうすればよいのか、テーブルごとに考えてください」
 というようなことを主任の先生がおっしゃって、子供たちを観察していると、テーブルごとに差があります。
 どうすればよいのかを、先生が指示するのではなく、子供たちに考えさせて行動させる。
 5,6歳の子供たちにだってできるのです。
 もちろん、数人は、バラバラに持ってきました。
 テーブルに戻されて、考えさせられている子供たちもいました。

 テーブルの上の一輪挿し、蝋燭、そして布巾でテーブルを拭くのも、子供たちの役目。
 
 今までの私のピアノの指導中、何人ものお母様方から、
「子供だからできない」 「みゆきは、子供にやらせて(楽譜の片づけなど)かわいそう」
 などと言われてもきました。
 でも、私は子供は、教えればできる、と思う。
 私がこういう考えを持つのは、この幼稚園に通ったからなのだな、と思うばかりでした。

 お天気があまりよくなかったこの日。
 それでも、どうにかお外でお化け大会(なんといえばよいのやら)ができて、お化けを退治した後の、仕掛け花火。
 お化け前のキャンプファイヤーでは、もう何年も何年も前のことなのに、つい園庭にいたのが昨日のことのように自分の時のことが目に浮かびました。
 
 他のお手伝いに来ていた卒園生(私以外は、中学三年生から大学生)ともおしゃべりをし、オバサンも混ぜてもらって、楽しく、そして、私がずば抜けて一番年齢が上なのに、担任の先生が二人もまだ残っていることに驚かれました。
 
 今だからこそ、この年齢になって子供に接する仕事をしているからこそ、改めて感じることがあった今回のお手伝い。
 改めて、子供たちの理解力の高さと、考えることの必要性を感じ、自分のポリシーをきちんと持って、これから日本でのピアノ指導を(生徒が集まってくれたらの話ですが・・・)していきたい、と思いました。

 

Posted on 2016/07/26 Tue. 10:01 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

26

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2613-386000f2
Use trackback on this entry.

Trackback
list