03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ユニオンジャック 

女王の90歳の今年、リージェント・ストリート、オックスフォード・ストリートなどの繁華街には、英国国旗が掲げられていますし、デパートなどのディスプレイもそれ仕様になっていることも。

160612-1


 オックスフォード・ストリートのデパート、ジョン・ルイス(John Lewis)へ用があって行ったら、こんなディスプレイ。


160612-2


 下には、立体的に造花でできたユニオンジャックがありました。

 数年前の女王のジュビリーの際には、いたるところで、ユニオンジャックのモチーフを見かけましたが、今回は彼女のお誕生日であっても、ユニオンジャックであるのだ、と改めて、女王は国の物なのだな、と思ったしだいです。

 まだまだしっかりしていそうですね。
 先々週オペラハウスでお会いしたフランスからのお友達は94歳。
 私にとって、一番年上のお友達。
 久々にお会いして、ちょっと年をとったな、と思いつつも、オペラハウスの中は、杖も持たずに歩き回っていらっしゃいました。
 反対に、この数年間は、60代後半で亡くなる日本のファミリーフレンドが多く、複雑な思いもありました。
 
 結局のところは、お面になったり、おもちゃになったり、女王というのはキャラクターとしても愛されているのでは?と思うところもあります。
 
 私個人的には、こうして、ユニオンジャックがたくさん下がっている風景をこのタイミングでみられたことが、縁だな、と思っています。

Posted on 2016/06/11 Sat. 23:54 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

11

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2605-73d622d8
Use trackback on this entry.

Trackback
list