06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

バスの話再び 

 平日5日のうち、同じバス路線で同じ時間に、2日も時間に困らされた今週。
 水曜日は、物凄い雨が降ったりやんだり(ですが、私は運よく、ほとんど傘をささずに済んだ)。
 生徒たちが学校の宿泊行事に行っていることが多く、今日は30分だけの教え。
 なのに、午後4時半に早めに家を出て、教えて、寄り道もせずに家に帰ったのは、夜9時過ぎ。
 
 洪水と事故の両方?
 大きな水たまりができていて、そこを自転車で水をはねさせて何度も往復して楽しんでいる中学生男子までいました。
 ズボンは当たり前ですが、びしょ濡れ。
 こちらは、教えに行く途中だったので、水をかぶりたくなかったから、ヒヤヒヤでしたが。 

 とにかく、渋滞が凄く、どうにか4分の1ほどの行程まではいくつかのバス路線がある為、それで移動して、そこで待つこと30分ほど。 遅れに遅れていました。
 そして、帰りは渋滞は解消されていたものの、バスのダイヤはかなり乱れ、30分待って、その後5分間に同じバスが3本も来るという有様。

160610-1


 <先日、セントポール大聖堂の裏庭近くの、枯れ始めた藤の花。
 この長さは、ここで初めてみました。>

 そして、今日も1本早く乗って、生徒宅近くの郵便局に寄りたかったのに、始発バス停でバスを待っていたのに、3本来ない。
 大きめのバスステーションなので、係の人に言いに行っても、わからない。
 やっとバスに乗ったと思ったら、これだけ来なかった後なので、満員状態。
 よって、普段は30分の道のりが、1時間かかることに。

 早めに家を出たのに、結局20分の遅刻。
 道路渋滞は、全くなかったのですが。


160610-2


 そんなこんなで、本当にバスには参っています。
 しかも、暑くなってくると、バスの中は温室状態。
 そして、小学校帰りの子供たちがアイスクリームなんかを持っていると、手すりはベトベトに。
 チョコレートも溶けだして、子供たちの手はベトベト。
 
 私が現在住んでいる地域はこのような状態です。

 先々週だったか、バスが遅れに遅れていた時には、バス停で待っている人たちでいかにバスが酷いかで盛り上がっていた有様。
 ですが、ロンドン中心部を除くと、地下鉄は南北にしか走っていない為、東西の移動はバスに頼らざるを得ません。
 皆で、バスの本を書けてしまうよね、と盛り上がる。 こういう知らない人同士でおしゃべりできる時間と感覚。 実は、こういうところが私がイギリスが大好きな理由なのかもしれません。



 

Posted on 2016/06/10 Fri. 21:55 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

10

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2603-e1704a9f
Use trackback on this entry.

Trackback
list