08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロンドン ドライブ&散策 

 既に3日前のこととなってしまいましたが、ロンドン散策を。
 この日は、教えに行った後、西ロンドンまでチューブで移動し、そこからバス。
 目的はタワーブリッジの時間に合わせてでしたし、料金が高くなる手前で降りてバス移動にすることに。

160509-1


 母校の近くを通るバスに乗って、ケンジントン・ガーデンズ、ハイドパークを通ると、芝生の上でピクニックや日光浴をしている人たちがたくさん。
 ちなみに、海のないロンドンでは、公園の芝生でビキニ、という女性もちらほらと。
 このような青空の日は、日本だったら痴漢にあいそうな格好の女性がたくさん。
 そして、まだそのように客観的にみている自分自身に気が付いて、ちゃんと日本人の部分を持ち合わせているのだ、となんとなく安心する部分も。


160509-2


 もう2,3年になるのでしょうか。
 いつからだったかルートが変わった9番のバスで、グリーンパークを過ぎ(ここはもっと人がたくさん)、ピカデリー周りではなくて、The Mall経由。
 The Mallはジェントルメンズ・クラブ(怪しい意味のではありません。 アメリカ英語の俗語だと違う意味に・・・)が並び、向こうには、ナショナルギャラリーが見える。
 一度だけ、ジェントルメンズ・クラブに連れてきていただいたことがありますが、古きイギリスを感じさせられ、居心地の良い場所でした。


160509-3


 トラファルガー広場でバスを乗り換えて、平日なら混むはずのFleet Streetをあっという間に通過中。
 目の前にはセントポール寺院とシティーのビル群が見えてきます。
 

160509-4


 セントポール寺院で下車。
 これをバスの中からではなく、こんなに近くでみるのは、何年振りなのか?
 中に入ったのは1年目のホームステイ中ですから、かれこれ18年前?
  

160509-5


 今回は、ここからずっと渡ってみたかった歩行者専用のミレニアム・ブリッジを渡って、テート・モダン(Tate Modern)へ。
 正面に見えているのが、テート・モダン。
 私がイギリスに来た頃は無かったはず。
 パワー・ステーションを美術館にかえたもの。
 それほど現代アートに興味がない私は今まで来たことがなかったのですが、一度来てみたくていました。
 

160509-6


3階(といっても、一つのフロアの天井が高いので、結構な高さのはず)からの眺め。
 
 モダンアートは・・・と言いながらも、来ればおもしろい。
 その後も歩くことを考えて、全ては見ませんでしたが。

160509-7


 ミレニアム・ブリッジは、テムズ川にかかる橋の中でも、モダンなのではないでしょうか?
 ですが、ここを渡ってのテート・モダンにつながっているのかな?なんて思いました。

 
160509-8


 そして、再び、テムズ川沿いを下降していきます。
 ロンドン・ブリッジのちょっと手前、川のそばを少し離れるのですが、そこからみえた景色は、手前にサザーク大聖堂(Southwark Cathedral)とまだできて3,4年のはずの、シャード(Shard)。
 この新旧の建物のマッチ感。 
 シャードも登ってみたい、と思いつつも今日のように天気が良くないと勿体ないな、と思ってしまい、登ったことはありません。


160509-9


ロンドン橋。
 ちなみに、ロンドン橋の下をくぐって反対側へ行ったのですが、『ロンドン橋落ちた』のメロディーがかかっていました。
 ロンドン橋自体は、1970年代に作り替えられたものなので、風情がない橋だと私は思います。
 それでも、18年半前、初めてロンドン橋に着いた時(住んでいた地域からの列車は、ロンドン橋発着もあった)は、感激したものです。


160509-10


 名前を忘れましたが、昔は、インドからの紅茶の輸入などの船が着いて、荷物を降ろしていたらしいところが、今は商業施設に。
 ちょっと素敵な空間です。


160509-11


 きょろきょろしながら、テート・モダンから歩くこと40分ほど。
 タワーブリッジの川辺にて。
 反対側をみると、さすがにこの天候ですし、船乗り場は、長蛇の列。
 通り過ぎるいくつかの種類の観光船もオープントップの2階部分は、凄く混んでいました。
 

160509-12


 そして、不思議なシェイプの建物は、ロンドンのCity Hall。
 もちろん、私は中には入ったことはありません。
 あの古い装飾のタワーブリッジのすぐそばに、このモダーンな建物。
 もちろん、東京も古い建物と新しいものが混在していますが、ロンドンの空、建物と建物の間の空間だからなのか、なんだか受け入れてしまうのです。 この新旧混在を。
 
 ということで、3時間ほどのロンドン観光でした。

 ロンドン市内に住んでいるわけではない私は(ついに、2月から住所に、ロンドン、という文字も入らなくなりましたし・・・)、テムズ川沿いに来ると、ロンドンにいるんだ、と感じさせてくれる。
 きっとその昔、1年目のケント州でのホームステイ時代、ホストファミリーの家から近い駅から列車に乗ると、チャーリングクロス駅に発着で、チャーリングクロス駅に入るすぐ前にテムズ川を渡って、その景色、というのが感動だったからかもしれません。

 カーディフ時代は、コーチで師匠のレッスンに長期休暇中に伺うと、帰りのコーチは、テムズ川のそばを通ることが多くて、あれを見ながら、レッスンでのたくさんの課題を抱えて、充実と安堵が入り混じった気持ちで、またここに帰ってくるまでカーディフで頑張ろう!という思いを持っていたからかもしれません。
 
 日曜日の青空が幻だったかのように、この3日は雨です・・・


 

Posted on 2016/05/11 Wed. 22:34 [edit]

category: ロンドン観光

TB: 0    CM: 0

11

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2591-cb2dec31
Use trackback on this entry.

Trackback
list