07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

車窓とカーディフ(4月25日) 

気温はなかなか上がりませんが、新緑が目に付くようになりました。
毎日通う道も、毎日緑が増しているように思います。

 ウェールズの続きを。

160425-1


 こちらが、カーディフまでの列車に乗った、Haverfordwest駅。
 ここは大きめの駅なのですが、途中いくつかは、まるでバスのように、ホームで待つ人は、運転手にわかるように乗る意思を示す。 降りたい人は、車掌さんに伝える、という駅でした。

 ちなみに乗った列車は、マンチェスター行き。
 なんだか不思議です。 ここからマンチェスターまでは6時間かかるそうです。


160425-2


 途中の駅、カマーゼ(デ)ンの駅の周りはこんなにのどか。
 ちなみに、ここの駅は初めてですが、この街にはちょうど16年前に1週間ほど滞在したことがあります。
 当時マンチェスターの音大の学生で、イースターホリデー中、寮が閉まってしまい行き場を失いました。
 ちょうど一緒に弾いていた友達がこの街出身で、彼女が頂いた大きな舞台の伴奏をすることになっていたので、彼女のご実家に1週間お世話になったのです。
 あの時は、マンチェスターから1日かけてコーチで移動しました。
 とっても懐かしかったです。
 そして、滞在中は一緒にお世話になっていた彼女のボーイフレンドと3人で、毎日午後はモノポリー(ボードゲーム)三昧。
 ご両親に最後は呆れられ、でもとっても楽しかった1週間です。
 

160425-3


 そして川がみえて。
 ちなみに、この往復では、羊、馬、牛ばかり。
 特に、羊は赤ちゃん羊がたくさんでした。
 人間よりも、動物を多く見た2日間でした。

160425-4


 列車の窓の汚いのが映っていますが、ここも入り江だと思いますが、何とも言えない空と水の色。
 こうして車窓を見ていたら、2時間半の列車の旅は全く飽きることがありません。
 持って行った本は全く開かずに終わりました。

 私の場合、こうして月に1度ほどロンドンを抜け出してこういう景色を見て、どうにかバランスを取っているのだろうな、と思います。
 きっと、ロンドンだけにいたら芸術は良いけれど、自然に飢えるのだろうな、と。

 お昼前にカーディフ・セントラル駅に遅れもなく到着。
 ここで、11年振りに友達に会うことになっていて、1歳半のお嬢さんと共に来てくれました。
 学年は違いますが、同門だった彼女。
 既に3人のお子さんのママ。
 お昼を一緒にして、公園をお散歩して、2時間半ほど、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
 お互いに今だからこそ話せること(ピアノ科主任とか成績とか)があり、謎が解けたことも。


160425-5


 その後は、コーチに乗るまで1時間ちょっと一人で観光。
 まず最初に行ったのは、私がカーディフ時代、毎週通った、セントラル・マーケット。
 
 ここは屋内マーケットです。
 3年前にカーディフにちょっと寄った時には、日曜日だったので、マーケットもお休み。

カーディフの街自体は私がいた頃とはずいぶん変わってしまったのですが、ここはずいぶん当時のお店が残っていました。
 入口のお魚屋さんも、お肉屋さん、ハムやさんも。 そして、万屋さんもそのまま。

160425-6


 これは、Flake cake。 チョコレートスポンジに、チョコレートがかかっているもの。
 正直に言うと、パサパサ系のスポンジに、ボロボロ剥がれるチョコレート。
 でも、それほど甘いわけではありません。

 これを買ったパン屋さんは、当時のまま。
 あまりにも嬉しくなってしまって、店番のおばちゃんとおしゃべりまで。
 このFlake Cakeも当時のカーディフではお値打ちでおいしいケーキでした。
 たまに買っていたので嬉しくなって、買って、帰りのコーチの中で食べてきました。
 
 
160425-7


 ウェールズの国旗がはためいています。
 緑の大地に、赤いドラゴン。 
 とってもカッコイイと思う国旗。
 ちなみに、ウェールズ国歌も、私はウェールズ語の発音ができないから歌詞は歌えませんが、メロディーは大好きです。

 この通りも、昔はバス通りで、3年前に来た時に歩行者道路になっていて、驚きました。

160425-8


 カーディフは、アーケードが多い街。
 アーケードのお店も当時とは変わったところが多い。
 ですが、なんだか素敵でアーケードを歩くのは当時から大好きでした。

160425-9


  そして、カーディフ市内のコンサートホール、St David's Hall。
 何度来たことでしょう。
 大学の卒業式もここで行われました。
 2度ほど舞台で演奏(オーケストラピアノと伴奏)できたことも良い思い出です。
 

160425-10


 2012年のロンドンオリンピックの際、使われたこともある、カーディフのストゥディアム。
 私の記憶違いでなければ、女子サッカーの予選か何か、ここで行われたのではないでしょうか?

 私は一度も中に入ったことはありません。

 
160425-11


カーディフ城の裏にある、Bute公園と、タフ川。
 Bute公園はとっても大きくて、練習室の空きが無い時など、友達と鬼ごっこをしたり、柵を乗り越えたりしたものです。
 今回は、コーチステーションが以前春休みになるとサーカス小屋が来ていたところで、懐かしかったです。
 
 ということで、あっという間のカーディフ滞在でした。
 帰りは多少渋滞もありましたが、カーディフを出てからロンドンまでノンストップ。
 ヴィクトリア・コーチ・ステーションまで3時間半ほどでした。

 数時間前まで羊の群ればかり見ていたのに、ロンドンに着いたら、人間ばかり。
 ちょっと、タイムスリップした感覚でした。

  

Posted on 2016/04/29 Fri. 23:02 [edit]

category: イギリス 遠出

TB: 0    CM: 0

29

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2586-a5bf0b30
Use trackback on this entry.

Trackback
list