03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

カーディフへ 

 ロンドンを出発した朝は、気温も低く、雨と雪の中間のようなものが降っていました。
 
160424-5


 今回の旅、ロンドンからの直通列車はありません。
 よって、どうせ乗り換えるのなら、そして線路の工事なのか、ロンドンーカーディフ間がいつもよりも時間がかかるようなので、今回は懐かしのコーチ(長距離バス)でカーディフへ向かうことにしました。
 ヴィクトリアのコーチステーション。 この何年も乗っていませんが(スタンステッド空港に行く時に、途中から乗ったくらい)、カーディフ、マンチェスターに住んでいた頃はお世話になっていました。

 このずらっと並んだコーチ、ほぼ全てが同時に朝8時出発です。


160424-6


 睡眠が短かった為、前半はほぼ寝ていました。
 通い慣れた、M4。 景色が懐かしい。 
 牧草ばかりですので、ほとんど景色は10年前と変わりません。
 そして、ところどころに、菜の花の黄色のじゅうたんが。
 この上の写真は、イングランドからウェールズに行く時に渡る、セヴァーン橋走行中。
 ここにさしかかると、懐かしい思いになる。
 ウェールズに帰って来たのだ、と。 

160424-7


 コーチのルートによっては、橋を渡ってすぐに、チェプストゥ(Chepstow)という小さな街にストップしましたが、今回はそれが無くて残念。
 最初のストップは、ニューポート(Newport)。
 古いバスターミナルでは無くて、デパートができていて、驚き。 
 コーチも以前とは違うところに停車。 
 デパート、そして、シネマなどの商業施設まで。
 変わらないと思うイギリスも変わってきているようです。

160424-8


  M4を降りて、市内に入ってからも停車場が変わったようで、今までなら、私が通った音大の前を通っていたのに、今回は通らず。
 こちらは、カーディフ大学の建物の一つ。
 

160424-9


 そして、カーディフ城!
 コーチの中から呑気に写真なんて撮っていたのですが、以前とは違って、お城の前で停車するようになり、今回は駅前の今迄のコーチステーションが改装中、ということで、違う場所がコーチの終点になっていたので、ここで降りた方が駅には近い、ということで、こちらで降りる。

 ちなみに、カーディフまで渋滞も無くて3時間ほど。
 列車の乗り継ぎには55分もあったので、駅まで歩く時間を考慮しても、晴天下、少し街を歩けたのが良かった。 

160424-10


 お城の塔の装飾。
 私がカーディフを去る頃はこの塔の改装中でした。

160424-11


 色々と変わってしまったカーディフの街中。
 でも、駅はそのままだったのが、ホッとしました。
 自動改札にはなっていましたが。
 
 ここまで既に、ロンドンの自宅を出てから、5時間ちょっと。
 ここからさらに3時間の旅でした。

Posted on 2016/04/26 Tue. 12:42 [edit]

category: イギリス 遠出

TB: 0    CM: 0

26

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2583-5bbe4120
Use trackback on this entry.

Trackback
list