09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

音、響き 

 芸術の世界は難しい。
 いや、難しくあるはずはない。
 何が難しいか、というと水泳、マラソンなどのように、タイムで誰もが結果をみてわかる基準で見ることができないものだから。

 それなのに、クラシック音楽もバレエも、コンクールというものが存在し、そこで競い合い、その時の審査員のお眼鏡にかなった人が上位に入り、世間の人も観に来る。

 私は子供の頃はもちろん、ピアノのコンクールには一度も出たことはありません。
 大会は、水泳位。
 だから、結果は一目瞭然の世界でした。

 先日、あるサイト(個人サイトではありません)での、某ピアノコンクールでの審査員はコンクールで何を聴いているのか、というアンケート。 某ピアノコンクールではありますが、このピアノコンクールを審査されている方々は、日本の他の多くのコンクールにも関わっているといっても過言ではないでしょう。

 そこで審査員が聴くポイントとして一番高かったのが、『音と響きの美しさ』
 これを見た時に、目を疑いました。
 『音の美しさ』とは何を言うのであろうか?

 私は、ヨーロッパで方々で音と響きだけは評価されてきました。
 毎日、電子ピアノで練習しているのにです。

 日本では、音楽関係では無い方々(私はピアノのことはわからないからというような方々)からの方が、音を良く言って頂くことが多いです。 もちろん、ピアノの先生をしているような方々でもそれを思って、私のレッスンを受けられた方もいます。

  日本のコンクール出身の方を聴く時、それが日本で大きなコンクールの最高位のような方も含めて、私には受け入れられない音のことが多い。
 日本で、『美しい音』とされている日本人ピアニストの演奏も可能な限り短期滞在中、または、ヨーロッパのコンクールでご一緒させて頂いた時に聴いてきました。
 でも、それらは私のイメージの美しい音とは違い、硬質で、力任せな音のことがほぼ100%でした。

 ということは、ただ力強くて、大きくて固い音が日本では美しい音、とされているのか??
 申し訳ないけれど、本当にグランドピアノで練習をしているのだろうか? と思うようなことも多々ありました。
 本当にグランドピアノが必要なのか?と。

 だからこそ、今回のアンケート結果に面食らってしまったのです。
 『美しい』の基準は皆違うと思う。
 
 もし、今回の結果が審査員たちの本心だとしたら、日本の音楽界に私が生きていく場所は無いのだな、と思うばかりです。
 今までも言われてきたように、もし私が青い目で金髪の外国人だったら違っていた、というように。
  
 性同一障害の方々が、名前、性別を変えられるようになったのと同じで、私も名前と生まれた国を変えられるようになったら嬉しい。 いくら、イギリス国籍をとっても(日本は二重国籍を認めていないので、今は永住権だけで日本国籍です)、産まれたところが日本である以上何も変わらない。

 それでも、1人でも私のピアノを心地良い、と思ってくださる方がいる限り、私はピアノを弾き続けたいと思っています。
 聴いていて疲れないピアノを。
  

Posted on 2016/04/06 Wed. 13:25 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

06

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2572-77adabac
Use trackback on this entry.

Trackback
list