03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

コンサート前は・・・ 

 紅ショウガを食べたくなるような、紫蘇ジュースを思い出すような美しい空が広がる今日の夜7時半過ぎのロンドンでした。
 あの赤い空を見ながら、出てくるのは日本の食べ物ばかりだったのがおもしろい。

 この1,2週間は、バスの中でイライラしながらも、繰り返すのはウェーバーの舞踏への勧誘の暗譜。
 なんだか似たところも多くて、いつの間にか変なところを何度も回ってしまう。
 というわけで、バスの中は頭の中で曲を再生する良い時間なのです。
 だから、良いところで隣の人に世間話をされると、ちょっと困ることも。
 傍から見れば、ぼーっとしているように見えるので。
 もちろんわからなくなったら、楽譜を広げる。
 だから、私は荷物が多い。

 この半年ほど悩まさせられているのは、コンサートの前日ベッドに入った後、そして当日の道すがら、その日に弾くのではない曲の暗譜が怪しくなって慌てる。 そして、それは近日中に弾かないのだ、と思い出す。
 数週間後に使うのに譜読み中の曲ならまだわかるのですが、この頃問題なのは、弾いたこともない曲の暗譜がわからなくなって慌てること。
 例えば、ショパンの作品62-1のノクターンを私は弾くのに、なぜか、62-2のノクターンを頭の中で再生し始めて、弾いたことがないから、当然細かいところはわからない。 それで慌てる。 真っ青になったところで、我に帰る。

  こんな状態です。
 もちろん、本番になればこういう問題は消えますが(演奏前に全然緊張しなくて、舞台に出たとたんに頭が真っ白で大変な思いをしている友達もいるので、どちらが良いのかはわからない)。

 普段こういう大変さも経験しているので、盆踊りの振りを覚えるのは私には簡単なこと。
 実家の町内会の盆踊り練習会(いかなくてもよいのですが、踊りたいから振りを知っているのに行く)では、覚えが良い、と町会の方々から言われますが、ピアノの楽譜を暗譜するのに比べたら・・・ 小さい頃から踊っていましたし。
 PTAのお母様方が長くて難しい、とおっしゃる東京音頭は5つの動きしかないし、八木節だって手拭いを使うからややこしく感じるようですが、4つか5つの動きの繰り返し。
 ただ、私の実家の町会は練習会でもただ音楽を流して踊るだけなので、知らない人は、その繰り返しの1セットの始まりと終わりがわからないから、難しく感じるらしい。
 
 というわけで、2年間盆踊りに参加しなかったから、ちょっと踊りたい病が発病。
 悪い癖で、舞踏への勧誘の暗譜確認をしながら、段々、バレエの『バラの精』のシーンが浮かんできて、そのうちに盆踊りに発展する。
 
 バラの精の世界を描けたら・・・と思いながら、明日は舞踏への勧誘を本番に乗せてみたいと思います。
 冒頭のチェロの音が出せたら、きっといけるはず。
 あとは明日のピアノとの相性次第。
 前回のコンサートの時には、鍵盤が剥げていて、なおかつ椅子が高すぎ(なぜか、キーボード用の椅子しかなかった)で、教会の普通の椅子を使ったら今度は低すぎ。
 よって、着ていったダウンコートを畳んで座布団代わりにしたのですが、段々と重みで薄くなっていってしまい、最後は低すぎる椅子でどうにもこうにも弾きにくかったのです。
 イギリスの演奏場所ならではの悩みです。
 明日は前回(6,7年前?)と変わっていなければ、ヤマハのはず。
 

Posted on 2016/03/30 Wed. 21:59 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

30

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2568-aaf5364c
Use trackback on this entry.

Trackback
list