09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

音楽は楽しい?? 

 先週、ハーフタームが終わって通常に戻った時には、2週間経つと、ずいぶんと日が伸びるのだな、と驚いたものです。
 今日は、天気が良かったこともあるでしょう。
 午後6時でもまだ薄明るいよりもちょっと明るい。
 あと3週間したら、サマータイム。
 いつもはもっと待ち遠しいですが、今年は既にお花も咲いている分、ありがたみが少なそう???

 ピアノに限らず、楽器を習うということ。
 どういうことなのでしょう?
 確かに、音楽、とは、音を楽しむである。
 漢字とはすごいな、と思いますが。

 では楽しいとは??
 音楽は楽しい曲だけではありません。
 悲しい曲、辛い曲もあります。
 子供だから楽しい曲が好き、というのは大人の考え。
 子供でも、悲しかったり、ゆっくりだったり、という曲を好む子もいる。
 
 こういう曲は、音楽を楽しむことにならない?
 楽しいって本当にどういうことなのでしょうか??

 聴いていたって、そのフレーズ感、音質によっては、頭痛、吐き気をもよおしたことが私は何度もあります。
 これは、私が楽しんでいないから?

 聴くことですら、楽しいの定義はわかりません。
 それに加え、楽器を弾く、いや、習う、ということ。
 何度か書いていますが、そのジャンルの音楽を聴いていないのに、そのジャンルで強い楽器の生の音(ある程度弾ける人が弾く演奏、という意味で)を聴いたことが無い。
 
 ピアノは大変です。
 私だって、大好きでこれを私の生きる道に選びましたが、それでも、辛かったり大変だったりすることはある。
 弾けなくて、自分を怒ることもある。
 でも、どうして続けるのか?
 それは、弾けた時の喜び、聴いて頂く幸せを知っているから。
 
 イギリスは2つ以上の楽器を習うことはごくごく当たり前なので、私の生徒たちも、ピアノ以外の楽器を習っている子達が多くいます。
 ピアノを先に初めて、2,3年後に他の楽器(弦楽器、管楽器)を始めた子達。
 グレードの進み具合という感覚でですが、ピアノよりもずっと早い。
 
 
 読譜が苦手だったり、なかなか弾けない子たちを目の前にする時、私が他の先生方のように、弾いてそれをまねさせたらどんなに楽だろうか?と悪魔のささやきが聴こえることもあります。
 でも、それは、その時は楽かもしれない。 私にとっても子供たちにとっても。
 でも、そのうちそれは、苦しみに代わってしまう、と思うのです。

 
 ちょっと落ち込むことがあった今週。
 私に怒られて泣いたこともある(これは、あまりにも自分勝手な練習で、グレード直前に曲が完全に崩れたからです)男の子にピアノ好き?と聞いてみました。
 満面の笑みで、「大好き」
 練習辛くないの? 大変じゃないの?
「大変な時もあるけれど、できるようになるでしょ?」
 私に怒られても続けたいと思うの?
「思うよ!」

 とのことでした。 厳しいけれど、滅多に怒ることはないので。
 生徒の満面の笑みと力強い答えに救われました。

 ピアノのレッスンで、多くの先生方も掲げている、
「楽しいレッスン」
 私はこれを前面に出すことはできない。
 「楽しい」の定義は皆違うから。
 でも、弾けることを楽しいと思える時が来る、レッスンをこれからも続けていけたらな、と思いました。
 だから、私は生徒たちにそれを言えるように、自分でもピアノを弾き続けていたいと思います。
 それがなくても、私からピアノを取り上げることはできませんが!!


 
 
 

Posted on 2016/03/04 Fri. 23:55 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

04

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2555-b6e37c9d
Use trackback on this entry.

Trackback
list