03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

チェスターフィールドの街  

早いですね。 既に3月。
 今日は、ウェールズでは、St David's Day。 
 ウェールズからイングランドに来て、イングランドでの時間の方が長くなったのに、今でもウェールズのことの方が覚えているのです。

 朝8時前のロンドン・St Pancras International発の列車で、北へ。
 大抵コンサートで移動する時には列車が空いていることが多い(人の波とは反対側へ動くことが多い)のですが、今回は、かなり混んでいましたし、最初の停車駅、レスターからはほぼ満席。

 2時間弱で、約220km北へ移動して、ダービシャーのチェスターフィールド着。
 チェスターフィールドは、ピーク・ディストリクト(Peak District)の東の端でもあります。
 地名でピンときた方、同志でしょうか?
 ピーク・ディストリクトといえば、ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』でMr ダーシーのお屋敷があるところ。
 1995年(でしたっけ?)のBBCの6回のこのテレビシリーズ(コリン・ファースがMrダーシーを演じた版)では、チェスターフィールドから西へ移動したところにある、Chatsworth Houseというお屋敷が使われており(中は違う)、ここは私がイギリスで一番行ってみたい場所の一つでもあります。
 『高慢と偏見』ファンの友達としゃべると、大抵は、Chatsworth Houseへ行ってみたいよね、という話になるのです。
 
 
 チェスターフィールドの駅から街中までは20分弱歩きます(コーチだと街中)。
 駅を出て、すぐにみえてくるのが、このSt Mary教会。

160228-1


 塔の部分が特徴的。
 帰りにちょっと中を覗きましたが、中は普通。


160228-2


 チェスターフィールドの街の中央には、マーケットがあります。
 ヨーロッパへ行った時のような雰囲気。
 時代でしょうか。
 お野菜などのお店はずいぶんとありませんでした。
 曜日の関係もあるかもしれません。

 
160228-3


 マーケット・ホールの建物を挟んで反対側から。
 マーケットホールは、3年前に来た時には中の改装中で入れませんでした。
 ちょっとモダーンに改装されていました。
  

160228-4


 この外から見ると素っ気ないパブ。
 演奏した図書館のカフェでお昼を食べようか、と思っていたのですが、かなりいっぱい。
 というわけで、歩いていたらこのパブにお年を召した方々が入っていくのに気が付きました。
 外に書いてあったメニューも良かったので、入ってみることに。
 
 ここが、良い意味で田舎、イギリスっぽい古さが残ったパブでした。
 中はとっても年齢層が高い(私のオペラハウスのお友達と同じようなものです)。
 久々に、パブの定番メニューの一つ、スカンピ(Scampi)を。
 寮時代を思い出したり、懐かしいメニュー。


160228-5


 チェスターフィールドにも、チューダー朝の建物が多いのです。
 街を歩いていて思うのは、人がそれなりには歩いているのに、ロンドンのような喧噪がない。
 静か。

160228-6


 こうした小道があったり。
 食事をしていた時間も入れ、それほど体調が良かったわけでもないのですが、演奏後1時間半ほどの街歩きでした。

160228-7


  クロッカスはきれいに咲いていましたが、ダフォディルはまだのところも。
 やはり、ロンドンよりも北だからでしょうか。


160228-8


 駅にはこんな銅像が。
 3年前には記憶がありません。


160228-9


 そして、駅のホームにあった、自動販売機。
 さすがに在英が長い私もこれは初めてみました。
 ローカルファームの牛乳。
 上は1パイント、下は2パイント。
 
 2パイントの牛乳を持って旅するか?
 どこかから帰ってきて、スーパーが開いていない時間に買って帰る為??
 でも、イギリス人なら、2パイントの牛乳をもって旅してもおかしくありません。
 たまに、乗り合いバスで、2パイントの牛乳パックをがぶ飲みしている人を見かけますから。

 というわけで、駆け足のチェスターフィールドでした。
 私が持っている日本のガイドブックにはこの街は載っていません。
 私は、ガイドブックに載っていない街をコンサートで訪れさせて頂くことが多いですが、イギリスには素敵なところが山ほどあるな、と毎度思うばかりです。



 

Posted on 2016/03/01 Tue. 23:34 [edit]

category: イギリス 遠出

TB: 0    CM: 0

01

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2553-8764a370
Use trackback on this entry.

Trackback
list