09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

春が目の前 

1週間近くここを放ってあった間に、パンケーキの日も過ぎ、昨日は、Ash Wednesday。 
 いつもなら、ここからイースターに向けて、やっと春になる!と思うところですが、今年は今週は気温が下がっているものの、それでも、お花が咲いていて、不思議な感じです。

160211-1


 桜? 日本のような満開、というようには毎年なりませんが、それでも、外へ出ると、薄ピンクのお花が目立っています。

 昨夜は徹夜で、荷造り。
 引っ越し荷物、部屋ではできなくて、そして、出来上がった段ボールを積み重ねるには、私の骨折後の左手の力がなくてできないので、昨夜から、部屋の前の共有スペースというか、廊下(屋内です)で、荷造り。
 大家の娘も同じ建物内に住んでいるので、彼女に見つかっていないと良いのですが・・・
 別に悪いことではないのですが、すぐに色々と言いつけられるので。

 ひとまず落ち着きましたが、まだ、数日後の引っ越し当日に向け、荷造りが残っています。


160211-2


 教えに行く途中。
 午後4時45分でもこの明るさになりました。
 天気が良いとまた違います。

 ですが、今日は教えに行ったら、生徒のお母さんはまだ帰宅していなくて、中学生の生徒は鍵をもって学校へ行くのを忘れ、下の子たちがチャイルドマインダーと帰ってくるまで25分。
 暗くなってきてずいぶん寒さが出たところで外で25分待つことに。
 周りにカフェ、スーパーストアなども無くて、外で待つしかありませんでした。
 雨でなかっただけよかった、と思うことにしましょう。
 ただ、身体が冷え切ってしまい、帰宅するなり、とりあえずベッドに入って暖を取る羽目に。
 今回、日程的に寝込めないので、気合で乗り切るしかありません。

 

160211-3


 ダフォディルも方々で咲いています。
 12月末でつぼみでしたからね。

 というわけで、明日から7日間で、フェスティヴァル、教え日、コンサート、引っ越し、教え日、フェスティヴァル、フェスティヴァル、という日程。 明日はありませんが、最後のフェスティヴァル2日間の間には、フェスティヴァルへ行く前に教えにも行く予定。
 来週はハーフタームなので、さすがに、引っ越し日の教えは他の日に変更させて頂きましたが、ピアノの練習もいつもより減っている中、どのようになるのでしょう??
 もしかしたら、引っ越し日にフェスティヴァルだったかもしれないので、それが避けられただけ、良かったと思うしかありません。
 どうしてこんな日程になったのか?
 引っ越し日を選ばせてもらえたらこんなことにはならなかったのに、入った日と同じ日に出るなんて、無理な話。
 それが通じないのが私の大家。
 
 

Posted on 2016/02/11 Thu. 23:10 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

11

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2542-d75256c8
Use trackback on this entry.

Trackback
list