03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

母校で 

 今日は教えの後、母校へ。
 
 昨年11月のフェスティヴァルで、母校の伴奏科で勉強する友達に協奏曲のピアノ伴奏をしてもらいましたが、今日は、彼女のレッスンに着いていくことに。
 ちなみに、お互いに忙しくて、11月末に本番で弾いて以来、全く合わせをしておりません。
 ですが、協奏曲ですし、どうにかなるであろう、と。

 久々の母校のレッスン室。
 今日レッスンがあったお部屋は、なんと、ファツィオリ(もちろん、フルコンではありません)が2台。
 2か月前のコンクールですっかりファツィオリの大ファンになった私は、それだけで上がる!
 スタインウェイで弾くのとは違う、暖かい音。
 まだタッチの感触が残っているので、今回はすんなりと楽器に馴染むことができました。
 私にはあっているメーカーだと思いますが、いかんせん、とっても手が届かないお値段のメーカーです。

 さて、レッスンは、通した後、もちろん、伴奏の観点から進められました。
 伴奏の先生のレッスンについていくことは初めてなので、私も勉強になり、充実の時間を過ごさせてもらいました。
 前回弾いた時にお互いに疑問があったようなところも、すっきり。

 私は自分の課題も見つかり、有意義な時間でした。

 私が学生の頃から伴奏科で教えていらっしゃる先生。
 とても優しそうですが、的を得たことをおっしゃっていたので、多少印象が変わりました。
 ですが、私は根っからの厳しい先生が好きな人なのだろうな、と改めて思うばかり。
 
 レッスン後に友達と廊下で立ち話をしていたら、私が卒業した後から大学で教え始めたロシア人の女性教授が通りましたが、そのオーラがとても私好み。
 実際にお見かけしたのは初めて。
 彼女が私が学生の時に大学で教えていらしたら、絶対に彼女を選んだはず。
 そうしたら、師匠Dr.Sからの、「ふん。 どうせお前には他の男(ゴードン)がいるんだろ」という言葉も聞かずに済みました。
 が、やはり全く違う系統のゴードンと勉強したことは今となれば貴重ですし、どうだったのかな?とも思います。

 レッスンの付き添い、とはいえ、再び母校のレッスン室でレッスンを受けるとは思っていなかったので、とっても懐かしい気持ちでいっぱいでした。
 
 問題個所をさらいます。
 これを弾くのは、引っ越しの3日後・・・
 多分、これから2週間、人生で一番めちゃくちゃな2週間になることでしょう。

 
 
 
 

Posted on 2016/02/05 Fri. 23:58 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

05

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2541-4be5426c
Use trackback on this entry.

Trackback
list