09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

トリノ観光 (12月7日) 

途中で止まっているコンクール記が多いですが、今回は終わらせられるか?

 というわけで、イタリア最終日。
 この日は、滞在場所から列車で1時間半ほどのトリノへ行って、2時間ちょっとの観光。
 そして、バスで45分ほどの空港へ行って、午後の飛行機でロンドンへ戻る。
 

151207-1


 前夜遅かったにも関わらず、いつもより早い時間の行動で、乗り合いバスで、5日振りにこの街というか、村というかを離れて、列車に乗れる、クーネオ(Cuneo)の駅へ。
 改めて、私にとって馴染みのある南イタリアとは違って、東欧のような雰囲気の駅の建物だな、と思うばかり。


151207-2


 来た時には青空でしたが、帰る時には曇り。
でも、この山の連なりも見納め。


151207-3


 ほぼ時間通りにトリノ着。
 ここで、トリノで初日に宿泊したアパートメントホテルの方から私が忘れていった、iPhoneのコードを受け取る。
 以後気を付けます。

 2時間だから勿体ない、と思いつつも、邪魔なので、駅に荷物を預けて、束の間のトリノ観光。
 気温は低かったのですが、真っ赤な紅葉がまだ残っていました。


151207-4


 この木の生え方というか、公園の感じ、というか、イギリスとはまた違う。


151207-5


 とりあえず、1週間近く、田舎で過ごした私には、トリノの人の多さ、建物の大きさに圧倒される(一応、ロンドンという言葉が住所に入ったところで生活をしているのですが)。
 
 そしてなんとなく、イギリスに比べて秩序が無いように私は感じているイタリアですが、驚くのは、皆さん信号を守ること。
 イギリスでは、お年寄りも含め、歩行者はほとんど信号を守りません。
 赤でも、車が来なければ渡ります。
 もっといえば、いつだったか、エセックスでのコンサートの後、主催の方のお1人と歩いていて道を渡る時、私が歩行者用の信号のボタン(?)を押そうとしたところ、
「車の流れを止めることになるから、押さないのよ! 見極めて渡ればよいのだから」
とおっしゃった方がいました。

 もちろん、トリノでも皆さん車が来なくても赤信号で渡らないことに驚きました。
 私はつい癖が出そうになりましたが・・・

 
151207-6


 この広場の感覚。
 こういうのがイギリスには無いと思います。
 大陸なのでしょう、ここは。

 窓の感じ、建物のちょっとした装飾。
 観ていて飽きません。


151207-7


 想像していたよりは多少小ぶりでしたが、内部が素晴らしかった、ドゥオーモ(日本語表記怪しい)。
 昨年3月にドイツで見たステンドグラスの素晴らしい大聖堂、そして、イタリアはどちらかというと周りにある絵画が素晴らしい。
 周りの壁にかかっていた宗教画、多くを感じてきました。


151207-8


 そして、広場の入り口というか出口にあった小さな教会。


151207-9


 絢爛豪華、という言葉になりそうな内部。
 本当は、ここに座って、この空気を感じていたかったのですが、いかんせん、時間がありませんでした。
 
 凄く心配性であり、余計なお金を払いたくない私は、飛行機だけは、必ず2時間前、いや、大抵は2時間半前に空港に着く人です。
 それなのに、今回は空港に着いたのは出発の1時間半前でした(ライアン・エアーなので、ゲートクローズの45分くらい前かも)。
 幸い、トリノの空港はこじんまりとしていたので問題ありませんでしたが。
 
 イタリア記、あと一つでおしまい。
 良くわからずに地図もなく歩いていたにも関わらず、大好きな地元の人の台所、マーケットに出くわすことができたのです。
 それはまた後で。

 

Posted on 2016/01/12 Tue. 14:54 [edit]

category: イタリア

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2530-8a71eb4b
Use trackback on this entry.

Trackback
list