09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

私立中学入試中 

 この冬は、今まで寝る時に全くHot water bottleを使っていませんでしたが、やっと出番。
 年明けになってやっと必要とは、こんなことは初めてではないでしょうか?

 ですが、少しずつ日が伸びてきて、16時始まりのレッスンが暗くなる前に始められると、少し気持ちも明るくなります。
 南に行くのだから、と思っていましたが、さすがに島。
 今週末のコンサート場所は、ロンドンよりも気温が低そうで、ちょっと構えてはおります。
 
 新学期が始まったばかりですが、私立中学の入試もスタートし、今月末には久々にミュージック・スカラシップ・オーディションを控える子も。
 ミュージック・スカラシップ・オーディションとは、日本よりも高額なイギリスの私立中学において、楽器演奏が優れた入学希望者に学費の一部を奨学金として与える、という制度。
 楽器演奏(大抵2つ)と聴音による試験。
 聴音は、日本の書き取りとは違うので、どちらかというと、その後の学校生活においての合唱の目的が強いと思います。

 奨学金が与えられる代わりに、学校のオーケストラに入ったり、音楽の行事に参加がほぼ義務付けられますが、皆将来、音楽の道に進む、というわけではありません。
 このあたりが、この国で、音大を出ていなくても楽器演奏ができる人が多くなる一つの理由かな、とも思います。

 今回は珍しく伴奏も頼まれていますが、学科の試験、その結果により、楽器を持って集まる日があって、その結果により、やっとオーディションという学校の為、こちらも、どうなるのか全く分からない状態でいます。


 数年前にいろいろと変更があり、私が住む地域では、夏休み前後に公立の中学の入試がおこなわれるようになりました。
 夏休み前後、というのは入学の1年前になります。
 4月から8月にお誕生日だと、日本でいう小学校4年生で中学入試になるのです。
 小学校の始まりが多少早くて、大学までの教育が13年間のイギリス。
 よって、4月から8月生まれは、日本だと小学校5年生でイギリスでは中学1年生(続きで数えるので、7年生)。
 たまに、まだずいぶんと幼いな、と思うような子たちもいるので(私の生徒だけではなく、バスの中で見かける中学生)、感覚の違いだとは思います。

 日本も入試真っ最中ですね。
 私が日本で入試をしたのは、中学受験だけですが、あの時は、1週間前にインフルエンザだったか高熱、その後風疹?はしか?何かそういう病気にかかって、試験は受けられたものの、2月1,2日は大雪。
 忘れられない思い出です。
 既に、ずいぶんと長い年月が経っていますが。


Posted on 2016/01/10 Sun. 23:23 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

10

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2528-f576b194
Use trackback on this entry.

Trackback
list