03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

コヴェント・ガーデンのクリスマス 

 数日前の青空はあっという間にどこかに行ってしまったようで、いつものイギリスの冬に戻りました。
新年2日目。 日本だったらまだお正月モードですが、こちらは、普通に。
ただ、土曜日なので、少し違いますが。
いつだったか、ごく普通に1月2日にランチタイムコンサートで演奏したことがありました(決して、New year concertの類ではありません)。

 こちらは、まだクリスマスのままです(喪中の実家も今年はイギリス風らしいですが)。 
1月6日まで続きます。

 やっと、一昨日オペラハウスへ行った時、コヴェント・ガーデンのクリスマスの飾りをみることができました。

160102-1


 『マイ・フェア・レディ』で、ヒギンズ教授とイライザが出会う教会の前は、いつもの通り、大きなクリスマスツリー。
 ちょうど、日本人観光客の方々がいらして、大きさに驚いていらっしゃいました。
 日本の方が派手なツリーが多そうですが。


160102-2


  オペラハウスの横には、小さめツリーが並んでいました。

160102-3


 今年のマーケットの飾りは、スズラン??
 このところ、大きなボールの飾りが多かったような気がするので、新鮮。


160102-4


 コヴェント・ガーデンの周りの道には、こんな飾りが。
 よく見ると、一つ一つの円の中がリースのようになっていました。
 いつもは、暗くなってからみるので、飾りが入っていることに気が付きませんでした。


160102-5


 そして、オペラハウスのポール・ハミルトン・ホール?(未だに、フローラルホールという呼び方の方がしっくりくる・・・)の片隅に追いやられていた、七夕の短冊のようにトウシューズ型の飾り(メッセージが書いてある)が下がっているツリー。
 オペラハウスのサイトだったかで、数人の女性ダンサーが飾り付けをしている写真をみたので、是非見てみたいな、と思っていました。

 
 観たいところはほとんどクリスマスの飾りをみられたと思います。
 ですが、本当にすごいツリーは、ケンジントンなど、高級マンションの入り口内にあるもの。
 大きな企業の入り口にあるもの。
 バスの中での読書、譜読みはちっともはかどらないこの1か月でしたが、車窓をたくさん楽しみました。

 

Posted on 2016/01/02 Sat. 22:25 [edit]

category: クリスマス、行事、習慣

TB: 0    CM: 0

02

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2523-c4e9b58c
Use trackback on this entry.

Trackback
list