09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ヌレエフの亡命ドキュメンタリー 

本来ならば、12月26日は、Boxing Dayのイギリス。
ただ、26日が土曜日に当たると、Boxing Dayが次の月曜日になるという説もあり???

 すっかり、動画三昧のくつろいだ日々を過ごしています。
 多少、やるべきこともしてはいますが。

 そして、BBCをチェックしていて(非常に珍しい)興味を持った番組がこちら。

 Rudolf Nureyev Dance to Freedom
 Youtubeのリンクです。
 
 ルドルフ・ヌレエフの亡命に焦点を当てた、ドキュメンタリー。
 彼が踊る姿は出ませんが(踊りのシーンは、再現)、彼がキーロフ・バレエにいて亡命をした時に周りにいた方々が、証言、というか話をしていらっしゃるので、貴重です。

 鉄のカーテンが開かれて20年以上。
 私の師匠は多くは語りませんが、鉄のカーテン時代にソビエトで過ごしてきた人です。
 先生は亡命はしていませんが、時折、大変だった時代を話の隅に感じることもあります。

 プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、スターリン時代を過ごしてきた作曲家の曲を弾く時には、その時代を感じなくては出せないものもある。
 こうしたものはそれを垣間見る為にも、非常に貴重です。

 そして、小学生の時、映画の『サウンド・オブ・ミュージック』を観て初めて、亡命、という言葉を知ってから、亡命の物理的方法、というのが私の中の解けない質問の一つ。
 それを知ることができるのは、不思議の扉が一つ開くことにも私の場合はつながります。

 久々に一気に見入ってしまった、ドキュメンタリーでした。
 私はもちろんヌレエフの実際の舞台は観たことがありません。
 オペラハウスのお友達は実際に観ていらっしゃる方々が多いので、ロンドンに来てから、身近に感じることができるようになったダンサーかもしれません。

 

Posted on 2015/12/26 Sat. 23:24 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

26

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2517-652e7fd4
Use trackback on this entry.

Trackback
list