07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

本番、そして子供たちの演奏を聴き、語り合った一日(12月5日) 

午前中に本番。

朝、2時間ほど練習できたのがありがたい。
今の私には、30分のプログラムをみっちり続けて2時間練習することは滅多にできないことなのです。

本番直前に5分間の舞台リハをして、本番。
本番は別記通り。

最後の人の演奏を聴いて、外に出たら、この前日に私が興味を持ったイタリア人の女の子に話しかけれました。
私も彼女と話したいことがあったし、珍しく英語がとっても話せるイタリア人だった為(結構、他のコンクールでイタリア人とは意思疎通が図れないことが多かった)、結果を待ちながら、おしゃべり。
 彼女は私の演奏を気に入ってくれて、どうやったらああいう音と、弱音でも通る音が継続して出せるのか? 叩かないのに音が鳴る、ということが気になったらしいです。
 私も彼女の音、音楽性が好きだった為、きっとお互いにその部分で惹かれ合ったのでしょう。
 
 結果発表でお互い色々と思うこともあり、彼女も私も音楽が何なのかわからなくなり、一緒にランチに行きがてら、お喋りを続けることに。
 ですが、彼女がとっても嬉しいことを言ってくれて、そう思ってくれた人が一人でもいたことに、とても嬉しかったのです。
 でも、お互いにコンクール向きの演奏ではないと思います。

 そして、この午後には、下は5歳から18歳くらいまでのコンクールが続いた為、それを一緒に聴いていました。
 私は午前中の自分の演奏で結構完全燃焼して疲れ果てていたのですが、このような機会なので、ほとんどがイタリア人のコンペティターの子供の部をきいてみたかったのです。
 
 ちょうど、この2、3週間前に私はロンドンのフェスティヴァルで子供たちの演奏を聴いてきたばかり。
 色々と思うことがありました。
 そして、15歳以上の2グループ、女の子が一人ずつ、後は男の子が6,7人、ということに驚きました。
 そしてその男の子たちが、皆超絶技巧的な曲を弾き、リスト編曲のオペラなどが多かったことにも驚き。
 
 暗譜に関して、色々な意見があるのもわかりますが、ロンドンでは、9割近くが暗譜をしないで(小さな子たちでも)弾いたのに対して、ここでは、ほぼ全員が暗譜で弾いたことにも私の生徒たち、ご両親に見せたかったです。

 プログラムが無いので、ある程度の年齢までの曲は曲目がわかりませんが、魅力的な曲がたくさんありました。

 合間の休憩時間に、ロビーに出たら審査員たちがいらして講評をしていたので、私もお願いする。
 5人中4人にお話を伺えたのが良かった。
 5月のイタリア2か所のコンクールは英語が通じなくて多少困りましたが、ここは全員イタリア人の審査員でも、やはり大きなコンクールにいくつも出ている人たちの集まり。 皆さん講評に困らないくらい英語が喋れたので助かりました。
 
 
 そして夜9時半頃までコンクールは続きました。
 一緒に聴いていた子には、ランチ、途中の休憩で、彼女の演奏に対して意見を求められたので、ある程度率直に話をしてありました。(同じカテゴリーの人から意見を求められるとは、私も成長したものです・・・)

 コンクール終了後、講評を聞く彼女を待って、彼女が何を言われたのか教えてもらったのですが、ある一人の審査員に対して、
「みゆき、○○(審査員)と私の演奏について話した? みゆきに言われたのと全く同じことを言われたよ?」
 と言われたのがおもしろい。
 この審査員は、私が自分の講評を聴いた中でも、一番近いものを感じ、その後Youtubeで聴いても、凄く好きな演奏でした。
もちろん、私が彼女の演奏について審査員と話すことはありません。

 彼女の妹さんは楽器は違いますが、私の後輩らしいので(これも驚き!)、また再会できたらな、という出会いでした。

 とってもとっても濃い一日でした。
 夕食は、八百屋さんで買ってきたレタス(これが非常にみずみずしい。 名前分からず)のようなものと、プロシュートで簡単サラダ。
 
 
 

Posted on 2015/12/21 Mon. 08:25 [edit]

category: イタリア

TB: 0    CM: 0

21

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2511-e75549ff
Use trackback on this entry.

Trackback
list