09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

西ロンドンでフェスティヴァルに参加 

土曜日の朝は、7時ちょっと過ぎに家を出て、100mも歩かないうちに、なんと雪。
結構激しく降って心配したものの、1時間もすればやんで、午後からは青空も広がりました。

というわけで、この週末は、先週末に引き続き、西ロンドンでフェスティヴァル(小さなコンクールのようなもの)。
2年前に生徒を初めて出してみたフェスティヴァルで、今回は、生徒2人と私自身が参加してきました。

生徒たちは、1人はフェスティヴァル自体、初参加。
もう一人は、本番の1週間前に右手の人差し指をなんと突き指。
腫れていましたが、本人の出たい、という意志で演奏しました。
二人とも、頑張りましたが、今回は結果につながらず。
でも、良い経験になったことと思います。

私自身は、年齢制限なしのオープン・クラスで、バロック部門、エキシビション(自由曲2曲)、協奏曲(ピアノ伴奏)に参加。
バロックで1位、かつ、全バロック部門での最高位、エキシビションで3位、協奏曲で2位を頂いてきました。
人数が少ないところもありましたが、人数が少なくても、点数が伸びなければ受賞にはつながらないので、ありがたく頂こうと思います。

もちろん、色々と思うことはありますが、イギリスのフェスティヴァル、というのは、あくまでも審査員は一人。
その人との相性もあります。
今回は、6月にウィンザーのフェスティヴァルに参加した時と同じ審査員でしたが、あうところは凄くあうのに、私の場合は、ロマン派、古典派があまり相性よろしくないようです。

ともあれ、嬉しい再会とか、素敵な出会いなど演奏以外にも、この一人でピアノに向き合っている私にとってはたくさんの刺激を受けた2Weekendsでした。
 生徒も出して、自分も受ける、その間には教えに行ったり、ということで、さすがに疲労が酷く、昨日は夕方から協奏曲部門だったものの、朝の時点で、棄権するのか?と一瞬思う状態もありましたが、予定をこなすことができて、ひとまず安心しました。

 先週のことは、アップしていないものの、既に書き留めてあったりしますので、少し後ほど書いてみたいと思います。

 

Posted on 2015/11/23 Mon. 22:11 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2496-87aca1a0
Use trackback on this entry.

Trackback
list