03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

イギリスにおけるピアノ事情 

今まで、サマーコース、その他、色々な日本の音楽関係、ピアノを習っている日本人の子供のご両親とお話をする機会がありました。
私がイギリスでピアノを教えている、演奏している、というと、日本の方々からはこちらの音楽事情に対し、大きな誤解、そして、こちらとしては、憧れを崩すことが多々ありました。

 ここをお読みの方々はご存知のように、現在の私の演奏場所、というのは、2週間ほど前のチェルトナムを除いては、ほとんどが教会でのコンサートです。
 どうして教会なのか、というと、そこしか会場が無いから。
 日本のように、どこの市町村にも立派なホールがあるわけではないのです。
 立派なホールに、スタインウェイを始め、フルコンサートグランドピアノがそろっています。
 でも、それらは、子供たちの発表会以外で弾かれることは年に何度あるでしょうか?
 子供たちの発表会で使うことはもちろん大切です。 でも・・・

 教会にあるピアノの多くはポンコツ。 でも、段々とそれで演奏する術をみにつけていくのです。
 
 いわゆる、音響も良いコンサートホールがあるのは、ロンドン、マンチェスター、バーミンガムなどの大都市。
 その他の地方都市では、それなりの大物ピアニストも、教会で演奏していたりするのです(もっとも、ピアノを運び込むことも多いようですが)。

 
 日本の音大生たちは、地方から東京に来ても、防音された、音大生用の住居に住むことが多いのでしょうか?
 そのような物件があるのが日本。
 だったら、イギリスは?
 ありません。
 クラシック音楽が盛んだから、ヨーロッパだから、練習の音にも寛大?
 全くありません。
 いくら法律で音出し時間が許可されていても、ピアノがあったら、入居させてもらえないのが現実です。
 非常に探すのが大変、といっても問題ないでしょう。
 私は今までに何件に断られたかわかりません。
 そしてその解決策が、電子ピアノでした。

 ただ、生徒たち、いわゆる一軒家に住んでいる方々は、今はほとんどが生ピアノを持っているのが、私の生徒たちの恵まれているところ。
 もちろん、過去にも現在にも電子ピアノの生徒たちはいます。
 フラット(アパート)だとどうしても、生ピアノは難しいですし。
 
 ですが、ここはイギリス。 
 日本よりもクラシック音楽、ピアノの歴史がある分、びっくりする楽器にも出くわします。
 そして、人種も様々ですから、びっくりすることも起こるのです。
 
 続きはまた。


 

Posted on 2015/11/10 Tue. 23:16 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

10

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2487-f2933145
Use trackback on this entry.

Trackback
list