07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

日本語がわかる非日本人 

 イギリスで日本人とおしゃべりをする時、つい、周りの人はしゃべっていることはわからない、と油断してしまいます。
ですが、これは、とても気を付けなくてはいけない、と思うのです。
 
 先週チェルトナムでのこと。
 コンサート後、タウンホールのすぐそばのカフェで、聴きに来て下さった日本人の方とお茶していました。
 同じくらいの年のはずの彼女。 国は違いますが、彼女も日本以外の国で大学生活を送った方。 
 色々と話していたのですが、途中、一つテーブルをはさんで(ここは空いていた)隣に座っていらしたご家族のママから
「おいしいですか?」
 と日本語で声をかけられました。
 
 私たちは驚いたのですが(そして二人とも反射的に英語で答える・・・)、どうやらこのママさんは結婚する前に日本で英語教師をしていたそう。 もう日本語は、食べることに関するものしか覚えていないそうですが(おなかすいた、のどが渇いた、Etc)、就学前のお嬢さん二人に、ママは日本語がしゃべれる、と言ったら信じてもらえなかったから、私たちに通じるのか声をかけたそうでした。
 帰り際、「We are leaving」と声をかけてくださって、これを日本語でなんというのか?と聞かれ、私たちは二人とも考え込み、「行く」でもないし、「帰る」でもないし、なんだっけ??と出てこなくて呆れられました・・・
 こういう言葉は意外とすぐには出てこないのです。

 夏、日本へ行く際、乗り継ぎのアブ・ダビ空港でおしゃべりをしていたのは、日本で17年間生活するドイツ人。 なんとなく、最初に英語でしゃべりだしたので、彼の日本語をきくことはありませんでしたが、ほぼ問題なく日本語がしゃべれるそう(17年もいるのですから)。
 機内に入って、私の前に座っていらした50代前半くらいのイギリス人男性は、これからとりあえず1年間の予定で日本の私立英語学校(英会話教室だと思います)で英語講師をなさる、とか。
 ちょうど成田空港が混んでいて降りられなくて旋回していたこともあり、私たちはその間話し込んでしまい、旋回していることにすら気が付かなかった有様。
 インターネットでひらがなだけは読めるようにしたそうで、日本語の会話文のようなものを書いたものを片手に、日本で問題なく、日本語をしゃべれる、と思っていらっしゃるようだったので、その後どうなっているのか、とっても知りたいです・・・

 そしてその前に座っていらしたイギリス人女性は日本に20年以上住んでいらっしゃる方。
 私よりも長く日本で生活していらっしゃるわけですが、印象的だったのは、「私は、自分が日本人だったら日本には住まない」とおっしゃっていたこと。 降りる時に話していたので、詳しく伺えなかったのが残念ですが。
 
 こうして、日本語を聞き取れる方がどこにいるかわからないわけです。

 気を付けなくてはいけません。 

Posted on 2015/11/02 Mon. 23:07 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

02

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2482-7cf49634
Use trackback on this entry.

Trackback
list