09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

チェルトナムへ (10月27日) 

 さすがに、完全燃焼したコンサート。 ちょうどハーフタームでレッスンお休みや、変更希望、いつでも良い人が多くて、今日は一日オフにしてあった為、ぐったりしていました。 この感覚、とても久々。
 包丁さえ握る気になれず、昨日のおにぎり(これが一番!)の残りご飯でおじやもどきを適当に作って2食分、というとんでもない食事でした。
 
 チェルトナム、ロンドンから列車で2時間20分ほど。 2時間に1本、直通列車がありました。 
 オックスフォードを通り過ぎていくのか、と思いきや、スウィンドン(Swindon)まで行って、ゆっくり北へあがっていきました。
 
 チェルトナムは、実は2度目。 
 1度目は、10年以上前にカーディフの学部卒業式に家族が来てくれて、車を借りてコッツウォルズへ行った時に最初に立ち寄った街。 観光案内所でコッツウォルズの宿を予約する為でした(我が母は、私の渡英当時のイギリスのことを信じている人なので、未だにイギリスを旅する時は、観光案内所でその日の宿をとる、と思っています)。
 が、日曜日で閉まっていて、本当にここはそれだけ。 今回行っても、なんとなく覚えているような覚えていないような、という感じでした。

 コンサート後は6月のフェスティヴァルで知り合った日本人の方がそう遠くない街にお住まいなので、聴きにいらして下さってそのままカフェでおしゃべりをしていたので、1時間弱の街歩き。 よって、道中の写真がほとんどです。
 

151008-1


 10年前は週に1度使用していた、懐かしのパディントン駅から出発。
 改装工事中でした。
 ここにくると、本当に多くのことを思い出します。
 夜8時15分のSwansea行きに乗るのが毎週の定番。 レッスンを終えて、憔悴しきって毎週木曜日、パディントン駅にいたことをついこの前のことのように思い出します。


151008-2


 8番、9番ホームの間には、こんな自転車置き場があるのです。
 以前、NHKの地球ラジオをきいて、そして投稿していた時には、よく、自転車を列車に持ち込む、とかそのようなことが話題になっていたことを思い出します。


151008-3


 ハーフターム中で混むかな?と思ったものの、7時36分パディントン発のチェルトナム・スパ行きの列車は、クワイエット・コーチであったこともあるのか、空いていて快適。
 
 途中、スウィンドン駅では、こんな1両編成のかわいらしい列車をみかけました。


151008-4


 ここからは、コッツウォルズの西の端を通る為、景色がよかったです。
 日本の山に比べれば大したことがありませんが、イギリスでこのような紅葉の風景をみられるとは! 私は一体何年振りにこのような風景をみるのでしょう。 子供の頃は、遊ぶことが大好きな両親に育てられておりますので、よく山の方へドライブへも行って、桜の風景と同じくらい、日本の紅葉の風景が大好きなのです。
 

151008-5


このコッツウォルズならではの建物の色。


151007-6


チェルトナム駅の一つ手前、ハリーポッターでも有名な、グロスター大聖堂がある、グロスター(Gloucester)の駅で10分ほど停車。
進行方向が逆になるのです。

 そして、あまりにも空と雲がきれいで、写真を撮って遊んでいました。


151007-7


 チェルトナム・スパ駅から、街中まではバスで5分もかかりません。 だから、と思って帰り歩いたら超早足で30分ほどかかり、帰りの列車はまさに飛び乗りでした。

 ホールが使えるまで20分ほどあったので、ちょっとお散歩。
 こんなヨーロッパみたいな噴水があったり。
 

151007-8


タウンホールの近くのこの写真の右側にお店が並んでいましたが、これらが、チェーン店も多いのですが、洗練されていて、外からさーっと見た感じでは、ディスプレイがロンドンよりもおしゃれでした。
  

151007-9


 午後は雨。 駅へ向かう道すがら、落葉がきれいでした。

 駆け足のチェルトナム。
 チェルトナムは、私の王立音楽大学での大先輩、『惑星』でも有名な、グスタフ・ホルストの生地でもあります。
 その記念館のようなところにも行ってみたいですし、街中からちょっと離れたところを歩いてみたいな、と思います。
 コンサートで訪れて、次はプライヴェートで行ってみたい、と思う場所が増えるばかりです。

Posted on 2015/10/28 Wed. 22:46 [edit]

category: イギリス 遠出

TB: 0    CM: 0

28

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2478-38d531dd
Use trackback on this entry.

Trackback
list