03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

セオリー(楽典)の試験間近 

 来週は多くの学校がハーフタームですが、私立の一部は今週から2週間のお休みのところもあり、教えも既に時間変更が多い今週です。
 
 今期はピアノでグレード試験を受ける生徒はいないものの、今回、そして来年の楽典(Theory)の試験を目指している生徒たち。
 外国人でありながら、セオリーを教えることが好きで(得意で・・・)、自分のピアノの生徒、他の楽器を習っていてセオリーだけ私に習った生徒、かなり教えてきていると思います。

 自分の生徒は、今まではどちらかというと、小学生のうちにセオリーの試験を受けてしまう子が多かったのです。
 ここで言っているセオリーとは、王立音楽検定(ABRSM)のグレード5のこと。
 セオリーでグレード5に受からなければ、実技試験のグレード6以上は受験できません。
 
 グレード5は、日本の音大の一部の入試レベルだと思います(以前、日本で買ったことがある、入試の楽典問題集に近い)。
 これを、早い子だと、7,8歳で勉強する必要がある時も。
 もちろん、賢い子でも、7,8歳では13,14歳に比べて、1.5倍以上の勉強、理解の時間がかかっています。
 
 今回も、小学生、中学生の両方が勉強をしていますが、今までのこともふまえて思うのは、小学生の方が時間はかかるものの、過去問もしっかりと解くし、言われたことを直してくる。 もちろん、みな違いますが、今回は、中学生の方に手を焼いていて、過去問、問題集の宿題をやってこない、なおされても次に生かさない・・・
 中学生たちは、この地域でトップレベルの学校に通うような子たちです。
 ケアレスミス連発だと確実に落ちるような学校。
 独身なのに、それなりにこのあたりの中学受験情報に詳しい私は(周りに熱心なお母さま方が多いので・・・)、通っている学校の名前に甘んじていた部分もあり、そこは反省しています。

 時間は多少かかっても、宿題も少ないうち、小学生の間にセオリーを受験してしまった方がらくだな、と今回改めて思っています。
 もちろん、中学生でもしっかりとやった子たちは何人もいますよ!

 今期はハーフタームが終わってすぐに試験の日程。
 ということで、口うるさく言っていたのに過去問を進めていなかった生徒は先日遂にお母様に怒られ、結局のところ、時間が無いので、車だと5分もかからない近い距離にお住まいなので、お母さまが解いた過去問を私のところに届けてくださって丸付け、という状態になっています。
 昨年もこの時期、同じだった記憶が。 もっとも、住んでいる場所が全然違ったので、郵送して頂いていましたが。
 過去問の解答集がこの2,3年出るようになりましたが、間違いを把握できなくなるので、大変でも私が丸付けをしています。

 学校のお勉強ができる子ほど、頭の中で考えて、ケアレスミスがセオリーの場合どうしても多くなってしまう。
 とにかく、わかっている、と思っても、書き出す。 そうすると、ミスも減ってくる。
 子供たちは、「大丈夫、間違いの一つくらい」と気に留めませんが、まさに、塵も積もれば山となる。
 問題集を解いていた時に、ちょっとした間違い、だと思っていたものが、過去問になると合格点に達しないのです。
 ケアレスミスがなければ、軽々合格する点数なのに。
 
 私の頭の体操でもあります。
 数学は大の苦手ですが、算数は大好きだった私ですから、算数みたいなセオリーの問題、というのは、中学受験時代を思い出す時間です。

Posted on 2015/10/20 Tue. 23:45 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

20

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2474-db4e95b2
Use trackback on this entry.

Trackback
list