03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

事務作業中 

 定期的にやらねばならぬ事務作業。 これに加え、最近は非常に久々に再来週のコンサートのプログラムノート書き。 プログラム曲解説を書くように言われることはほとんどない。 当日の曲と曲の間のトークを言われることの方がイギリスでははるかに多いのです。
 が、今回は書くように言われて、書きましたが、学生の頃は試験の度に書いていましたが(実技リサイタル卒業試験は、プログラム解説の内容も審査される)、書かないでいたら、全然書けなくなりました。
 これも練習あるのみですね。 決して嫌いではないのですが、学生の頃と音楽書の読書量が全然違うのも影響しているのか、と思います。 弾く曲を調べて斜め読みはしますが、学生の頃のエッセイ、論文に追われていた頃に比べると、全く違います。
 最後は、学生時代の自分が書いたプログラム解説なんかを引っ張り出してきて、内容の乏しさに苦笑しつつ、ちょっと手直しをしながら仕上げて提出に至りました。

 そして勉強になるので、自分でも積極的にフェスティヴァルを受けていこう、と思っていますが、こちらも申し込みが多少厄介。
国際コンクールはコンクールで小さなものでも勉強になりつつも、色々と裏事情もあるし、世界を知る上では良いですが、私は本当に年齢制限に引っかかってしまって。 
 その点、フェスティヴァルは大人参加ができるものは子供の物に比べても少ないですが、審査員の先生に納得できてもできなくても、客観的にみた感想を頂けるのが良い。 ただ、コンクールと違って、弾く時間が短かったり制限が多くて、そこに曲をあてはめていくのが意外と大変な作業。 ただ、コンクールに比べて、「この曲は弾いてはいけない暗黙の了解」みたいなのがあまり無いので、自分の趣味に走る結果になる。
 今日、明日には決めて申込書を書いて・・・ 国際コンクールのほとんどが近年はインターネットで申し込んで、参加費もウェブで払って、ということをやっている為、久々にアナログの申し込みです。

 そんなこんなで、新曲に挑戦する時間の計算をしながら、ピアノの周りは再び引っ張り出してきた楽譜があふれています。
 
 
 

Posted on 2015/10/14 Wed. 12:33 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

14

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2472-3b8e0671
Use trackback on this entry.

Trackback
list