09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

フェスティヴァル、試験の参加の意味 

昼間から曇っていると、一気に気温が下がったように感じます。
 
 新学年が始まった、と思ったら、私立の一部は来週から、公立の多くは再来週、もうハーフターム(ホリデー)。
毎年のことながら、この秋学期の前半というのは、あっという間に過ぎていきます。

 例年であれば、ピアノのグレード試験がいつになるのか気を揉み、仕上げに入れない生徒たちのことが気になりますが、この数年で初めて、今季はピアノのグレード試験を受ける生徒がいません。 今回は、セオリー(楽典)の試験のみ。
 夏休み前の予定だと、クリスマス前に試験を受けようと思っていた子たちがいますが、みなさん、夏休みの帰省などで、特に夏休み中丸々帰省なさっていた方々は練習もできず、結局間に合わないことに。
 というわけで、春の試験受験者が多くなりそうで、これはこれでまた大変だろうな、と思っているところです。

 その代わり、今回は3年ぶりほどで、私が教えているのとは違う地域でのフェスティヴァル(発表会とコンクールの間位の感覚)へお誘いした生徒たちがいるので、そちらに力を入れることに。
  私も舞台に立つからこそ思いますが、普段通りの力を発揮できる子。 舞い上がってしまい(緊張とはまた多少違うらしい)、崩壊する子。 色々。
 
 崩壊する子は、どうやらお母さまいわく、学校のテストを含め、全てにおいて同じ状態らしい。 ということで、お母様と話し合って、いつもの住んでいる地域でのフェスティヴァルだけではなく、数を受けて場に慣れてもらうことに。 
 数をこなせば良いわけではありませんが、やはり、場数を踏む、というのは大切だと私は思っています。
 そこで出た結果だけではなく、それまでの準備が大切。
 「暗譜で弾かせるのは子供がかわいそうだし、不安」と一度もピアノのコンサートを聴いたことがないご両親はおっしゃいますが、それもまた一つの勉強。

 百聞は一見に如かず、で、コンサートに何度も行ったことがあったりする子は、暗譜をすることに抵抗がないようですし、一度も行ったことがない子は、大変。
 ロンドンなんて、子供のためのコンサート(着ぐるみではありませんので! 念のため)、たくさん無料のランチタイムコンサートもあるわけですし、ホリデーの時にでも連れて行ってほしいな、と思うものの、私の生徒たちの多くは、他の人のを聴くのはつまらない、ということがほとんど。
 難しいです。

 私自身も11年ぶりに人前で弾く曲が来月はあったりするので、そろそろ解凍をしないと(昨年、一度解凍はしてありますが)まずいな、と思っているところです。
 
 試験も、フェスティヴァルでの演奏も、結果はついてきたらうれしいこと。 でも、そこまでに自分自身が何をするのか、次への肥やしができるか。 そちらの方が大切だな、と私は思っています。 まあ、私自身も結果がついてこなければがっかりするのですから、生徒たちの気持ちもとてもわかります。



 
  

Posted on 2015/10/13 Tue. 23:57 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

13

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2471-d7e664e4
Use trackback on this entry.

Trackback
list