08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

語学学習 ① 

 小雨が続いた昨日とは違い、今日は晴れ。
 こちらが暖かくて助かる、といっても、日本(東京)の最低気温より、ロンドンの最高気温が下。
 私は本当にどうなるのでしょう??

 夏休み中、ということで、日本から語学研修(今は語学留学という言葉を多く見かけますが、私は個人的に好きではありません)に来ている方々も多そうですが、複雑な思いになります。
 以下に記すことは、あくまでも私の個人的意見、考えです。

 私は以前も書いたように、英語が大嫌いでした。 今でも好きではありません。 英語の勉強、というものは、英語学校に通った1年間しかしていません。
 私にとって英語は生活に必要な手段。
 
 イギリスで勉強している、というと、まず英語が好きなのか?と日本人からは聞かれますが、イギリスに行く=英語が好きという人だけではない、と思っていただきたい。
 私は、高校生の時、進路を決めるにあたって(大学の名前で行きたい大学を選ばない、という方針の高校。 中学受験をした時、入試説明会で大学進学率、大学受験のための授業、という話をしなかったのがここと第1志望の学校だけだった、というのが私の両親がここを第2志望に決めた理由)、バレエの衣装デザイン、作る人になりたい→日本では当時勉強できなかった→東京で勉強できる学科がないから、それを学びに北海道の大学に進学する、という感覚で、私はイギリスを選んだ。
 簡単に言うとこういうこと。
 英語ができない危機感?ありませんでした。
 本当は危機感をもつべきだった。 でも、留学したい、という感覚ではなかったので、変に危機感を持たなかったのです。
 
 英語は、高校受験がなかったこともあり、勉強せず、中学1年生の一番最初の小テストから追試。 
 中間テスト、期末テストもほぼ追試。
 高校1年生からは英語の授業はほぼ全て成績順。 中学3年生の時は、1種類だけ成績順。
 ほぼ全て一番下のクラス。
 ですが、なぜか、高校2年生の時のWritingの英語の先生とは彼女がもう定年退職をしていらっしゃることもあり、いまだに連絡をとりあっているのです。
 そして、彼女が5年前に日本で私がリサイタルをした際にはいらしてくださり、中、高校時代の友達も何人か来てくれたのですが、その先生のことがわかる人、わからない人で、英語が当時できたか出来なかったかが明確になる、というおもしろいことがありました。

 高校3年生の時の担任からは(既に学校は退職)、
「加藤さんほど英語ができなくて海外に行こう、と思う人はいません」
 とはっきりと言われ、それをいつも心に留めています。
 だから、私は当時の自分の英語力を考えて、日本人に対して冷たい、と思われる言動になることも多々あるようですが、これは、当時言われた言葉によるものが大きい。
 
 
 語学研修の斡旋会社を通してイギリスだの英語圏の英語学校へ行き、現地の友達ができない、日本人ばかり、とも多く読みますが、当たり前。
 現地人は、語学学校へは通いません。
 そこへ来るのは、英語圏ではない人たち。
 日本の斡旋会社に手配をしてもらえば安心かもしれませんが、それだけ、他の日本人も利用する、ということ。
 自分で、英語で調べて(今はインターネットがあるのですから!!)、大都市ではないところの英語学校へ申し込みをして、ということをすれば、少しは緩和されると思いますが。
 
 イギリスは特に多人種が生活する国ですし、外国人が珍しいわけではありません。
 昨年までのサマーコースもそうですが、どうしても同じ言語の人同士で固まってしまう。
 日本人の学生は、ほかの国の人たちと交流して、私は英語もできるし!と思っている方も今までにもいました。
 でも、現実は違う。 もちろん、1週間後には少し状況がかわりますが、どうしても固まるのです。
 それは、日本人だけではなく、私が参加していたところでは、ロシア人グループは、まず固まる(ロシア人も英語ができない人が未だに多い)。
 イギリス人のティーンなんて、彼らと同じ速度で英語がしゃべれなければ、相手にしてくれる人は本当に少数です。

 日本と同じ感覚で語学研修に行って、嘆いている文章をよくみかけるようなきがして・・・・
 少しでも、英語は目的ではなく、手段、という考えの人が増えてくれたらな、と思うばかりです。
 
 わけわからぬ文章になってきました。
 続きは後日。

 
 

Posted on 2015/08/15 Sat. 22:58 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

15

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2452-49e8e1f1
Use trackback on this entry.

Trackback
list