07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

夏休み中 

 2週間前の寒さは和らぎ、日中は半袖で歩いていますし、今日は太陽が強かったこともあり、暑さでばて気味。
が、最高気温は24℃くらい。
 これでバテテいては、日本に行ったら私はどうなるのか?と思います。

 一昨日、ロンドンの地下鉄でのストがありましたが、どうやら、今月末に、国鉄の一部でストの予定らしい。
 考えてみれば、私は雨女ならず、スト女で、今年に入ってから5回のコンサートがありましたが、そのうち、2回がストと重なっています(2月に、バスのスト)。
 数年前にも、地下鉄でしか行くことができないロンドン郊外でのコンサートがあった時にも、ストで、非常に困った経験があります。
 それほど日ごろの行いが悪いのでしょうか・・・

 
 夏休み中、ということでロンドンに残っている生徒たちはレッスンを続けています。
 時間が普段よりもあるから、いつも以上に練習をしてくる子。
 いつも以上に練習してこない子。
 

 小学生はまだしも、中学生は学校が始まったら、またお勉強が忙しくなるわけですので、今のうちにグレード試験の譜読みを進めておかなければ、大変なのに、と思いながらのレッスン。

 私が日本へ行くまでの残り日数を考えながら、レッスンが長く無い時にやっておいてもらいたいことを考えながらのレッスンです。
 譜読みに問題がある子もいれば、とにかく、時間がかかる子もいれば、色々。
  
 嫌々ピアノをやらさせられている子は、譜読みもしてきませんし、私の母なら私はひっぱたかれていたと思うほど、レッスンを受ける態度も本当に悪い。 
 ピアノ演奏を聴いたことが無い子たちは、本当に大変です。
 が、習っていても、ピアノを聴いてほしい、とお願いしても、そうして下さるお宅は本当にわずかで。
 どうしても、この国では何を弾けるようになりたいか、というよりも、グレードを取ることがピアノを習う意味になってしまっているのがとても残念なこと。
 だから、グレード8を取得したらすぐにピアノをやめてしまうのです。

 お母様方に心配されながらも、いつものことで、出発前日までレッスン。
 荷造りは、こういうところだけは変に几帳面な私は、既に、修学旅行みたいに持ち物リストは作成済み(一昨日の帰りの長距離列車の中で)。
 
 とにかく、来週のコンサートが終わらないことには落ち着かないので、一昨日とはプログラム総入れ替えでのぞみます。

Posted on 2015/08/08 Sat. 23:09 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

08

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2448-d8ac143f
Use trackback on this entry.

Trackback
list