03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

久々にセントラルロンドンへ 

夏休みに入って、教えも完全に不規則。
いつもと同じ曜日に同じ地域、でも、いつもとは違う順番で伺っていたりする為、毎回バス停の降りる場所をわかっていても、一瞬戸惑いながらの1週間でした。

 今日は、セントラルロンドンでちょっと再来年あたりの仕事につながりそうな話をして、周りにいろいろときくことができないこの世界で、貴重なお話を伺った後、6月のフェスティヴァルで知り合った方がロンドンにいる、ということで、ちょっとお会いすることに。


150731-1


 というわけで、久々にピカデリーサーカスの周辺を歩きました。
 ピカデリーサーカスを南方面からみる。
 住んでいると忘れてしまうけれど、ロンドンにもきれいな建物があるのだな、と思う時でした。


150731-2

 
 そして、反対側をみると、赤い電話ボックスに、赤い二階建てバス。
 右奥の白い建物は、ジェントルマン クラブ(いかがわしくないジェントルマン・クラブです)。 数年前、ここの会員の方に、お食事に連れて行って頂いたことがあり、私が知らない世界のイギリスをみて、そして、このようなところに行っても戸惑わずにふるまえるように育ててくれた両親に感謝するばかりでした。



150731-3


 Scaffoldingが組まれているのが、三越だった場所。
 昨年?一昨年? 三越がなくなってからここを歩くのは初めて。
 ロンドンに住んでいるとこんなものです。
 
 
 久々に日本語で1時間半ほどでしたが、教え、電話以外での会話。
 同業の友人がほとんどいない私にとって、日本人だけれど、日本人っぽくない人と、こうしておしゃべりできるのは、貴重な時間でした。
 フェスティヴァル参加、大人の参加は、子供とはまた違った意味の良さがあるのではないかな、と思います。
 

150731-4


 コーチに乗って住んでいらっしゃる所に帰る方向感覚がない彼女を送りながら、何年振りかで、懐かしのヴィクトリア・コーチステーションへ。
 コンクールその他で出会う日本人女性ピアニストの多くが、方向感覚がないことがとっても多い。 
 3月にドイツで出会った方もそうですが、男勝りでも、結局のところ方向感覚がないのは、最後の女の武器だと思ってしまう、方向感覚がある私。 私の場合結局は、Knightになってしまうから、羨ましい、と思ってしまう部分でもある。

 マンチェスター時代に師匠のレッスンを受けにきて、目の前でコーチに乗り遅れたり、カーディフからレッスンに来て、憔悴しきってカーディフに帰るコーチを待ったり。
 私にとっては、いくつもの思い出がある、懐かしの場所。
 コーチの旅が好きですが、演奏で日帰りで出かける場合は、事故渋滞が怖いコーチよりも、このところ安定している列車を使うことが多い為、コーチステーションはご無沙汰でした。

 手前のコーチは、パリ行きです。
 そして、20か所ほどのコーチ乗り場があるのですが、どこもかしこも、凄い人。
 さすがの夏休みなのか、普段からこうなのか??
 
 
 ロンドン市内を歩くのは久々でしたが、日本人観光客ももちろんのこと、日本人以外の東洋人観光客が増えていて驚きました。
 もちろん、大陸からの観光客も。
 

Posted on 2015/07/31 Fri. 23:36 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

31

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2441-de746114
Use trackback on this entry.

Trackback
list