04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

多人種の中で生きていく 

 イギリスでピアノを教えている、というと、日本にいる方は、いわゆる白人イギリス人を教えているように思われるようです。
が、実際は全く違います。

 現在、いわゆる、”白人”は1家庭のみ。
 あとは、みな色々な有色人種です。
 
 駐在家庭、ご両親が大学生くらいからイギリスに来てそのまま、子供もイギリスで生まれた、ご両親もイギリスで生まれ育っている。
 もちろん、私は各ご家庭のバックグラウンドは詳しくは知りませんが、色々な状態なのだな、と思います。
 よって、国籍がイギリス人、という子供たちは結構いるのかもしれません。
 が、国籍イギリス人=白人では決してないのがこの国なのです。

 ハーフの子たちも非常に多いのですが、私がみていて、2、3の人種は、圧倒的に同じ人種同士での結婚が多いのかな、という印象もあります。

  今年に入ってから教えるようになった初めまして、の人種のご家庭。
 2家庭教えていますが、それはそれは驚くことの連続。
 
 今までは、ほかの人種を教えていても、出会わなかった状況に出会っています。
 
 レッスン中、レッスンをしているお部屋で、電話
 レッスンをしている部屋に、訪ねてきた人を通して、おしゃべり(他にもお部屋はあります)。しかも、小声なんてものではありません。 声が大きめなのです。
 レッスンをしている部屋で他の兄弟が静かではなく、遊んでいる(=ハッキリ書くと、うるさいほど)
 レッスンをしているお部屋で、ほかの兄弟、親が音を立てて食事、飲み物を飲む(←ズズズと飲み物を飲む音は私は個人的にとても苦手。 イギリスでも、下品、とされている行為)
 レッスンに行ったら、お母様はパジャマ。 下の妹がパンツにシャツ、という下着姿。
 これはあくまでも私の問題ですが、ほかの人種では気にする、部屋の暗さ、楽譜への間接照明もなし。 もっというと、私は楽譜に顔を5cmくらいまで近づけないと音が読めないのに、本人は全く問題ないから、電気をつけない。

 いろいろとあります。
 これが、ヨーロッパという音楽に対して日本の方々の憧れがある大都市のひとつでの現実的なレッスンでの出来事。
 
 もう一つの人種(こちらは既に数年、数家庭を教えている)でも思うのですが、特に私は各ご家庭に伺っての出張レッスン、ということもあり、使用人の一人、という感覚が強いようです。
 よって、どうしても、男親は特に私に対して命令口調になることが多いようですし、パジャマでも下着姿でも気にしないようです。
 
 イギリスで、高校時代、大学時代、と様々な人種に接してきました(が、大学は音楽大学、ということもあり、人種という意味では非常に少ない)。 イギリスに住む、ということは、様々な人種とうまくやっていくこと、というのが前提。
 なのに、この1、2か月は完全にどうしてよいのかわからなくなり、もうここでやっていくことは無理なのではないか?と思い、本気で本帰国を考えたほどです。
 人類みんな仲良く、なんていうのは、きれいごと。
 
 私だって黄色人種。 オペラハウスへ行けば、私は年齢が低いこともあり、他の人種の方々からいやな目にあうこともあります。 もちろん、今の時代、あからさまに、先日終わってしまったドラマ、『天皇の料理番』で出てきたように、『黄色いサル』という言われ方をしたことはありません。
 
 
 日本には私に習いたい、と言ってくれる子たちがいる。
 指導を理解してくださるお母さま方もいらっしゃる。
 でも、日本の音楽界に全く属さなかった私は、外国人であれば問題ないことも、日本人なのに日本で勉強していない日本人だから、問題もたくさんある。 そして、今までも日本の音楽界のいやなところをたくさんみてしまった。
 イギリスにいたら、細々と演奏も続けられるけれど、日本ならそれもほぼ無理に近い。
 
 というわけで、もうしばらくイギリスに留まることにしましたが、多人種の中でどのように生きていくのか、難しい問題だと思います。
 私も外国人で、その中でやってきているから、余計に思うのかもしれません。
 
 そして、この2週間ほど、夜な夜な見ているのは、多人種が集まる場所、そこで働く人たちのこと。 大好きな、空港関係のドキュメンタリー動画。
 今は、UAEのドゥバイ空港のことを見ているので、どうにも止まりません。


 

Posted on 2015/07/16 Thu. 22:59 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

16

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2435-a6834610
Use trackback on this entry.

Trackback
list