06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

違う興味の示し方 

曇っていてもそれなりに気温があり、湿度も珍しくあるように感じて。 でも、これは日本の方からしたら涼しくて湿度が低い、という感覚かもしれません。

 同じ年齢の子供たちを教えていても、性格はもちろん皆それぞれ違います。

 新しいことを学ぶのが楽しみな子もいれば、それが緊張になってしまう子もいる。
 こちらもそのことを気を付けていかなければいけない。

 できるのに、とってもとっても慎重すぎるくらい(ピアノに関しては)慎重な6歳の女の子。
 グレード1を受けていないので、スケールは片手ずつ。 白鍵から始まる同じ指使いのスケール、長調、短調5個ずつ+ヘ長調を2オクターブ。 
 日本語がわかりませんが、英語だとContrary motionという、左右を平行に動かすのではなくて、同じ鍵盤から外に向かって弾いて、また戻ってくるスケールは、ハ長調と、グレード2で必要な黒鍵を同じ時に弾く、シンメトリーになるスケールを1オクターブずつ。
 
 どれもきちんと弾ける子です。 グレード1の内容は完全にできている為、新しいスケールは本人がやる、と言った時に増やしています。
 
 いつもの通り、楽譜を使わずに、頭で規則を考えながら覚えてもらいます。

 言葉数も少ない(生まれてそれほど経たないうちからイギリスにいる為、こちらがいうことは日本語も理解できますが、彼女は日本語をしゃべるのが苦手)のですが、珍しく、レッスンでスケール、ブロークン・コードが終わった後、
「C minor(ハ短調)もできた」
というので、弾いてもらったら、今までだって1オクターブしかやっていないContrary motionのスケールを2オクターブハ短調で弾いてくれました。
 考えてみれば、ハ短調も、Contraryではシンメトリーになります。
 彼女は、それに気が付いたのでしょう。

 もっとできるはずなのに、とこちらも思っていた分、こうして彼女自ら新しいものに挑戦する、とは嬉しい出来事でした。

 
 同じくらいの時に私とのレッスンを始めたこの女の子と同じ年の国籍が違う男の子。
 彼もとっても賢い子。
 なかなか教本が進みませんでしたが、楽譜に対する興味が、私が今まで教えてきた中で一番強い子です。
 
 ピアノの演奏、というものも聴いたことがなくて、ピアノという楽器がわからなかった為練習することも無し。
 何度か彼の前でピアノを弾いて、ピアノとはどのようなものなのかを伝えつつ、私の楽譜をみせたところ、強い食いつきが。

 色々なサイン(記号?)を知りたい!という気持ちが強くなって、前に進んでいるような子です。
 先日はやっと念願の8分音符を習ったら、8分音符が入っている曲しか練習してこない、というようなこともありましたが、他もやってこないと、次に出てくるおもしろそうな、アウフタクト、シャープ、フラットを習えない、ということをやっと感じ、練習してくるようになりました。

 私は教えに対して軸はありますが、後は、子供たちによって臨機応変に変えていかねばなりません。
 その場その場でのひらめき。 自分の演奏に対するひらめきも強い方ですが、ここではまた違うものを要求されます。
 
 導入の子供を教えるのは、上級の生徒たちよりも大変だ、と思いますが、色々なことを学ばせてもらう場でもある。
 弾けるようになった時の子供たちの笑顔がある限り、きっと導入の指導をやめられないのだと思います。


 

Posted on 2015/06/25 Thu. 13:42 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

25

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2430-3d1c0927
Use trackback on this entry.

Trackback
list