04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

サーカスとテムズ川の風景 

青空が2日続いた週末でした。
 
 気分的にいつもよりも余裕があるので、2日続けて、ロンドン観光客か?というような写真。


150607-1


 夜7時、テムズ川と遠くにセント・ポール寺院。
 ここを渡るのは、2か月振り。
 

150607-2


 私は存在すら知らなかったのですが、ロンドン・アイと、Royal Festival Hallの間くらいに、London Wondergroundという場所ができていて(仮設?)、何とも不思議な場所でした。


150607-3


 2週間ほど前からスタートしたらしい、Showを観てきました。
 売れ行きがよろしくないらしく、チケットが回ってきたため、行くことに。
 というよりも、オペラハウスでさえ行けていない私は、この存在すら知らず。

 サーカスとJazz演奏を融合したようなShow, Scotch and Soda。 
 各5人のパフォーマーによって行われる、舞台。
 直径7,8mの舞台に、客席は一番前は、舞台に膝がつくくらいの近さ。
 私は2列目でみていたのですが、その迫力、というか臨場感はかなりのもの。

 カーディフ時代は、大学の裏の公園で毎年春にサーカスが行われていたので、なぜかこれだけは、誰かがクリーニング屋さんで割引チケットをもらってきて、数人でまとまっていく、というのがイースターホリデー中にカーディフに残っている外国人ピアノ科を中心とした友達の慣例行事。
 中国雑技団とか、ロシアのサーカスとかもっと大規模なものをみているので、今回のは、空中ブランコなどはあったものの、ちょっとコンパクト。
 
 Showとして、とてもおもしろかったと思います。
 
 12歳以上入場可、となっていますが、日本人のきちんとしたご家庭でしたら、15歳の感覚かもしれません。

 

150607-4


 1時間ちょっとの上演時間。
 8時45分頃、まだ暗くならないロンドン。
 ロンドン・アイは相変わらず凄い人。
 お天気が良いので、良く見えるのでは?



150607-5


 House of Parliamentはいつみても、美しい。
 橋のところにはカメラを構えた人たちがたくさん。
 ビッグベンのすぐそばのWestminster Bridgeからの眺めは迫力があるのですが、私は個人的にここからの眺めが好きです。
 
 もう少ししたら、日が暮れてこの天気であれば素敵でしょうね、と思ったものの、多少寒くなってきたので、ちょっといて退散。
 
 

150607-6


 夜9時ちょっと過ぎたら、さすがに暗くなってきていますが、ナショナルギャラリーを後ろに構える、トラファルガー広場。
 
 今が一番良い時期のロンドンです。
 もう少し気温があがってくれれば、言うことなしなのですが。

Posted on 2015/06/07 Sun. 23:22 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

07

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2420-98781117
Use trackback on this entry.

Trackback
list