07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

Queen Mary's Garden In リージェント・パーク 

太陽が出ている時は半袖でちょうどよく、ちょっと太陽から離れると肌寒い、というイギリスらしい気候。
気温が高いわけではないような気がします。

時間変更があったりして、家に帰ると行ったり来たりになった今日の教え。
 珍しく青空だし、と思って、家に戻らずにロンドンに住んでいながら2年振りにリージェントパークへ。


150606-1


 いつもと違う方から入ったら、初めてここの池を見ました。
 ボートを漕いでいる人たちがいたり。
 貴重な青空なので、人もたくさん。


150606-2


 飾り物?と言いたくなるようなきれいな鳥がいたり。
 

150606-3


 Inner circleに入ると、Queen Mary's Garden。
 ローズ・ガーデンなのです。
 
 が、例年、ここに来る時は平日の昼間か、夜に近い夕方。
 週末の日中に来るのは初めて。

 ものすごい人の数でした。


150606-4


 入り口付近のバラはまだか?という感じ。
 唯一、『ノーウィッチ城』 がきれいだったくらい。


150606-5


 あとはこんな感じで、寂しい。
 一昨年は母と来ているので、今よりも10日くらい遅い時。
ですが、あの時も咲きそろっていなくて、今回の方が多少良かったように思います。
 あの時は、日本人の団体観光客がいました。



150606-6


 バラの名前を見て歩くだけでも楽しくなりますが、上品なピンクのひときわ素敵だったバラは、名前もさすが。
 『サヴォイ・ホテル』。
 ここは、何度も前は通っていますが、中には入ったことがありません。 
 『ノッティングヒルの恋人たち』の映画の最後で使われていますが。


150606-7


 奥の方の円形になっているローズガーデンの方が咲いているバラが多かったようです。
 が、ここは、ベンチも、周りの芝生の上も、人がたくさん。
 ピクニックを持ってきているロンドナーがいたり、グループで(日本語も聞こえたような気が)宴会している人たちもいれば、とにかく、私が今までみたことがない光景が広がっていました。

 
 そして、次の教えに移動する前、リージェントパークから近いスーパーストアへ行ったら、なんとオペラハウスのお友達とバッタリ。
 彼女はここからそう遠くないところに住んでいらっしゃいますが、それでも、なんたる偶然。
 お互いに驚いて、その場で立ち話。
 
 小学生の頃、スーパーストアで立ち話する母を見て、とってもおばさんっぽい行為だから、私は大人になったら、スーパーストアで立ち話をする人にはならない、と肝に銘じていたのです。
 実家のように小さな町内でもありませんし(小さすぎて、3年前の盆踊りの時は、誰にもわからない、と思っていったのに、練習会でバレ、当日も休憩で櫓から降りたら、知らないおじさんたちからも、「線路沿いの加藤さんのところの長女なんだってね」とバレバレ)、今回のスーパーストアは、私の生活圏内ではありません。
 おばさんの世界へ一歩前進。

 ですが、楽しい時間であったことも事実です。

 つかの間の美しい季節、楽しみたいと思います。


 

Posted on 2015/06/06 Sat. 22:59 [edit]

category: パーク

TB: 0    CM: 0

06

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2418-5fef4e01
Use trackback on this entry.

Trackback
list