05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

楽典、セオリー、Theory 

強風であったり、晴れたり、急に雨が降ったりのここ数日のロンドンでした。
 
 グレード試験の申し込み締切が明日に迫り、つい最近、前回の結果が出たばかり、と思っていたのに既に次の試験の日程が迫っています。
  
 ピアノの他に、日本でいうと、ブルグミュラー25の練習曲終了程度のレベルから次に進むのに必要な楽典(セオリー)も教えていますが、珍しく数人が勉強しているところ。
 普段は、1タームに1人くらいなのですが、学校のお勉強の時期(大きな試験)も考慮して勉強期間を考えて頂く為、一気に勉強する人が増えることに。
 たまに、2人くらい教えた時もありますが、実技は他の楽器で、楽典だけ私に習う、ということがほとんど。

 このセオリーの試験、以前解いたことがある、日本の中堅レベルの音楽大学の入試と同じくらいだと思います(イギリスはレベルが低い、という方もいらっしゃいますが)。
 ピアノが先に進んでしまって、7,8歳で勉強をした子達は、それなりに時間もかかりました。
 中学生だとやはり理解力が早いな、というのが感想。

 実技の先生は、楽典を教えない方も結構いらっしゃるようですが、私は大好き。
 正直、細かいことは、私は日本語で勉強していないので、日本語の音楽用語があまりわからないのですが、日本語で説明をして、英語で覚えてもらう、ということも多々ありました。
 
 よって、駐在員の方など、楽典がネックになって実技の上級グレードを受けられない、という話もよく伺いますが、私からすると勿体ない。
 昨年は、中期でイギリス滞在していた小学校6年生、日本で楽典を勉強してあったので、日本語で理解していたから、というのが大きいところでもありますが、イギリスに来て6か月、ほとんど英語ができないのに合格した子もいます。
 彼女は、もちろん、問題の意味もきちんと読むことができません。
 
 過去問は、英語が母国語の子供たちでも、わけがわからなくなってしまうこともよくあります。
 よって、私は、キーワードさえ探せれば、わけわからぬ部分は、読めば読むほどわからないから無視。
 Up, down いくつかの音楽用語を覚えてもらって、英語ができなくても彼女は非常に良い成績で合格。
 英語がネックで・・・というのはナンセンスであることを彼女は立証したと思います。
 もちろん、私とご両親に注意されながらきちんと考えて、頭の中だけで解かない、ということを頑張った彼女の努力もありますが。

 数人教えていると、年齢、人種が皆違いますし、理解度、記憶力も違う。
 過去問は、毎年1月に前年度の分がまとまって発売されますが、これが毎年楽しみ。
 数年前から回答集も発売されるようになりましたが、私はゲーム感覚で自分で解いています。
 私自身が受けた時(急に音大に行くと言い出した時・・・)はあれほど苦労したのに。
 今年驚いたのは、1月にロンドン市内の本屋さんの楽譜売り場に昨年の問題を買いに行ったら、中国語で販売されていたこと。
 中国が大きな売り込み先になるとは思いますが、イギリスで受けるのであれば、英語で受けてほしいな、と思うのは私だけではないはず。
 
 賢いな、記憶力が良いな、と思う子ほど、実はうっかりミスが多くて、慣れるときちんと過程をふまずに、頭の中で解いて、間違いが多くなる。
 いかに見直しを正しくできるか。
 
 
 楽典を教えると、日本人はとっても楽。
 どうしてか、というと、日本人の子供たちは、現地校に通っても、日本の筆記具を所有していることが多いのです。
 私もそうですが、長年イギリスに住んでも、イギリスを愛していても、日本の筆記具(特に、鉛筆と消しゴム)の優秀さというのは認めずにはいられません。
 教えの時に使う鉛筆は、日本からまとめ買い。 昨年は日本へ行かなくて途中で足りなくなって、これだけは母に送ってもらうほどです。
 日本人の子供たちは、きちんと鉛筆を研いで、先のとがった鉛筆、きちんと消すことができる消しゴムを持っています。
  
 非日本人の子供たちは、良く書けないし、丸まった鉛筆。
 鉛筆削りを聞いても、どこにあるかわからない/持っていない
 消しゴムは消しゴムの意味をなさないほど消えない。

 ここから指導です。

 ただ、今はずいぶん変わってきていますが、それでも、私立の小学校、多くの中学生以上は鉛筆をほとんど使わない。
 私がイギリスの高校に通っていた頃は、試験の答案も全て万年筆だったと思います。
 万年筆、といっても、高価なものではなく、プラスチック製のものが安価で手に入ります。
 以前に比べて見かけることが減りましたし、生徒たちに聞いても、ボールペンが増えているようではありますが。
 小学校では、自分で筆箱を持っていく、ということもほとんどなくて、学校に用意されている。
 だから、とがった鉛筆を自分で用意する、という習慣がそれほどないのです。

 ところかわれば、です。
 
 
 
 

Posted on 2015/05/06 Wed. 23:46 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

06

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2392-be6de9fb
Use trackback on this entry.

Trackback
list