09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ボンへ! ケルンで寄り道 (3月5日 ③) 

 2泊したアーヘンから、ケルン(Cologne)経由でボンへ。
 ケルンもみたかったのですが、今回はもちろんボンが優先。

150403-1


 アーヘンの鉄道駅。
 ドイツ、というともっといかついものを私は想像していたのですが、駅がかわいらしくて、驚きました。
 中もすごくきれいで、列車のホーム案内もしっかりしていたところは、さすが、ドイツ、と思いましたが。


150403-2


 駅の前に、馬。
 後ろに馬車をつけたくなりますね。


150403-3


 1時間ほどの鉄道の旅の後、ケルン中央駅へ到着。
 20分ほどの乗り換え時間があったので、改札も無かった為、外に出て、駅のすぐそばにある、あのケルン大聖堂へ。
 
 この2日前、空港からケルン中央駅へ向かう電車の中から、この大聖堂が見えた時には、感激しました。
 そして、本当は、友達の写真で見たことがあった、ライン川の反対側からのケルン大聖堂の姿を見たかったのですが、意外とライン川の幅があることがわかり、時間がなくて、断念。


150403-4


 建築技術、というか、精巧さに見惚れるばかりでした。

150403-5


 大聖堂、場所によっては大きめの荷物があると、入場を断られるのですが、たった20分ほどだし、コインロッカーに預けるのも勿体ない、と思って、機内持ち込みサイズのキャリーケースを持ったまま行ってしまったのですが、他にもそのような方がいらして、特に問題がないようでした。
  
 大きさに圧倒はされましたが、数時間前にアーヘンの絢爛豪華な大聖堂を見てきた私にとって、ケルン大聖堂は、ホッとする場所でした。
 アーヘンの深い色のステンドグラスも好きでしたが、この透明感のある、優しいステンドグラスがやはり私好み。
 きっと、家の家具を、濃い茶色を好むか、白木を好むか、でしょう。 白木風の家具の実家に育った私は、やはり、透明感のある大聖堂の方が好みのようです。

 このステンドグラスは、写真がぼやけているのではなく、このような斑点模様。 
 私は初めて見たと思います。

150403-6


 そもそもの建物の大きさもありますが、ステンドグラスの量も非常に多い。

 
150403-7


 とにかく、窓の数が多くて、明るい大聖堂内でした。
 そして、観光客もたくさん。  

150403-8


 ここのオルガニストになるには、高所恐怖症では務まりませんね。
 もう一台あったようにも思いますが、とんでもない場所(かなり高い)にオルガン。
 パイプだけではなく、これは、鍵盤があの場所にあるのだと思います。


150403-9


 ケルン中央駅から列車で20分ほどで、ボン(Bonn)に着きました。
 コインロッカーもたくさんあって、助かりました。
 約5時間のボン観光です。

Posted on 2015/04/03 Fri. 14:38 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

03

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2375-5f51ef64
Use trackback on this entry.

Trackback
list