09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

(今更ながら)北ドイツ、アーヘンの街(3月5日 ①) 

夏時間も始まって、夜7時半頃までまだまだ薄明るいです。

 既に4週間前のこととなりましたが、せっかくなので、ドイツの旅の続きを。

 2泊3日の初ドイツ、コンクールの翌日、最終日は、ロンドンへの帰国便は夜9時半の飛行機。
 ということで、一日フリー。
 午前中は滞在していたアーヘン(Aachen)の街を歩き、午後から鉄道でボンへ移動して、ベートーヴェン三昧でした。
 
 まずは、アーヘンの街。
 

150305-3


 アーヘンの旧市街への入り口、と言えばよいのでしょうか。
 観光案内所がある裏には、このような空間が。
 アーヘン大聖堂が、色々なところから塔の部分をみることができました。
 

150305-4


 何やら懐かしい香りがして、行ってみたら・・・

150305-5


 香りの持ち主は、この左右にある蛇口。
 硫黄の香りでした。
 生ぬるい源泉なのでしょうか? ちょっと濁ったお湯が出ていました。
 ここは、温泉の出る街。
 市内からちょっと行ったところにスパがありました。

 足湯でもあったらいいな、なんて思ってしまう、こういう時だけ超日本人な私です。


150305-6


 このような、オブジェが街の中にはいくつもありました。


150305-7


 とってもドイツっぽい、と思ってしまうオブジェ。
 この付近を、前夜にコンクール参加者の仲良くなった日本人の方と歩いていたのですが、街灯に照らされた石畳に、素敵な建物。 渡英してから私はディズニーランドへ行ったことはありませんが、ディズニーランドの本物版?
 昼間は昼間でよかったですが、前夜、あてもなく二人で街歩きをしておいて、よかったと思いました。
 

150305-8


 ガラス越しなので見えにくいのですが、この街にたくさんあった、お菓子屋さん。
 プリンテン、最初はお店の名前か?と思ったのですが、この板状のものが、この街の銘菓のようです。
 私も小さいのを一つ買って食べてみましたが、かみごたえのある、スパイスが入った、クッキーのようなもの。 でも、クッキーとも違う。
 時期的なものなのかどうかわかりませんが、ウサギの形をしたものもしばしば見かけました。
 シナモンなど苦手な方にはどうか?と思いますが、私は大好きなので、思わず、レシピを探してしまったほど気に入りました。

 
150305-9


 この、イギリスともまた違う建造物、こちらが、アーヘンのタウンホール。
 こちらも、前夜、非常に美しかったのです。

 中へ入る時間はなかったのですが、前夜ここへ来た時に広場の名前が気になっていました。
 それは、Marktという単語が入っていたから。


150305-10

 
 このタウンホールの前で、英語だとマーケット、フランス語だとマルシェ、ドイツ語だと、マルクト? 市が開かれていました。
 余談ですが、アーヘンの街をGoogleで検索すると、クリスマスマーケットのことが結構出てきたので、クリスマスの時期は素敵なのでは?というのが私の予想。


150305-11


 タウンホールの入り口(2階部分)に上がってみたら、マーケット、といっても、テントではなくて、車というかヴァンをそのまま並べてのもののようでした。
 ちなみに、毎日なのか、曜日なのか、全くわかりません。
 ですが、マーケット大好きな私がこれを見逃すわけはありません。



150305-12

 
 オランダの国境まですぐのこの街(オランダ、ベルギー、ドイツの三国国境地点がそれほど遠くないのですが、今回は、残念ながら行く時間はありませんでした← ここへ来た目的を考えるべきです・・・)だからなのか、チューリップが!
 イギリスでは見たことがないような色味のチューリップ。
 でも何よりも、この並べ方、というか売り方がとっても素敵でした。

 
150305-14


名前がわからないのですが、枝のような? 
 無知ですね。
 

150305-16


 他のお花屋さんでも、チューリップが大量に。
 このチューリップは、開花したら、花びらの端がレースみたい。
 きっと、日本にはあるでしょう。 
 でも、イギリスには、滅多にないでしょう、 このようなスタンダード以外のチューリップは。
 
 切り花のイギリスへの持ち込みルールがわからないですし、飛行機の荷物でひっかかる(預け荷物なしなので、手荷物オーヴァー)ので諦めましたが、可能ならば買ってきたかったです。


150305-15


 そして、この新鮮なにんじん。 これだったら、イギリス人のように、このまま生でかじりつけるかもしれません。
 
 新鮮なお野菜、チーズ類、ソーセージ類、お魚を売るお店が並び、いつも通り、あっという間に時間が経ってしまう、マーケット見物でした。
 何にもかえなかったのが残念でしたが。

 

Posted on 2015/04/01 Wed. 23:10 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

01

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2373-4047b5f4
Use trackback on this entry.

Trackback
list