04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

上達に必要なこと?? 

 私に習い始めて、3年になる10歳半の生徒。 私との前に、1年間他の先生に習っていました。
 
 非常にハイパーで、ぐったりになることも多かった子。
 ピアノは大好き、でも、練習は適当。 それなのに、グレード試験はどんどん受けていきたい。
 本人の希望通りにしていたら、すぐに駄目になるのが目に見えていました。
 
 私の前で涙を流した回数が一番多いのも彼女。
 昨年の夏までは、何度泣いたかわかりません。
 最初のうちは、理想は高いのに、正しく練習(ノートに書いてあること)をしていない、初見をしていない、ということが注意させることの大きな部分。
 そのうち、私は全く怒っていないのに、自分できちんとやらなかったことがわかるから、最初から泣く。
 
 それが、何があったのかはわかりませんが、昨年の夏から、いきなり念密な練習をし始めました。
 グレード1から2を受けるには1年かかったのに、昨年の春に2を受けて良い成績で受かって、冬にグレード3。
 3か月後の今回、グレード4。
 
 試験の3週間後の昨日は、グレード5の曲が非常に良い状態で譜読みしてある。
 しかも、彼女は、初見の大切さがわかってから、サボることがなくて、グレード4を受ける時には、グレード6の初見の勉強をしていました。 だから、どんどん次のグレードを受けられるのです。

 グレード5の課題曲集から彼女が選んだ1曲、ブルグミュラーの18の練習曲の嵐。
 なぜかこの曲を気に入った彼女は、やたらとこの曲を進めてあるのです。
 
 不思議に思ってお母様に伺ったら、とにかく今はピアノが弾きたくて、朝もさっさと着替えて、お母様が朝食の準備をしている間に、5分でもあれば、この曲の練習をしている。
 学校から帰っても、まずはピアノに向かってこの曲の練習。
 だから、いきなり弾けるようになっているようです。
 
 結局はこれなのですね。 練習あるのみ。
 弾きたい、と思ってその目標に向かって頑張る。
 昨年の今頃は、私はまだ彼女と戦っていました。
 ご両親はご理解をして下さるようになっていたものの、それまでは、私のグレード試験の進ませ方が遅いことに、何度も色々と言われていました。
 他のお友達は、グレードを受けているのに、家は遅れている、と。

 そのたびに、私は、土台作りに時間をかけるけれど、土台ができていれば、グレードをどんどん進ませることは可能。
 今、いっぱいいっぱいの状態でグレードを受けても、すぐに壁にあたる。
 私が弾き方を見せて、楽譜を読ませずに手を覚えさせることも可能。 でも、それでは、グレード3以上には進まない。
 
 学校のお友達が、グレード2、3で落ちたり、学校のコンサートで彼女よりも上のグレードでも上手でなかったり、ということがあったようで、夏前に、学校のコンサートで弾いた時(私は知らなかったのですが)、他のお母様方から褒められたそうです。 それで、彼女も納得するようになり・・・

 彼女にとって、今が一番楽しい時だと思います。
 グレード試験は、私も彼女も良い結果が出る、と思っていたのに、思っていた点数が出ず。
 試験官のコメントを読んでも納得できず、他の試験官だった他の生徒たちと比べても、いくら、試験の当日の演奏次第、とはいえども、あまりにも酷い結果。 Criteriaを読んでも、どうにも納得のいかない点数の付け方です。
 スケールにしても、間違いが多かった子の方が点数が上、という状態。
 非常に落ち込んでいたのでどうか?と心配していたのもつかの間、次の週には、しっかりと進ませてありました。
 
 ここにも何度も書いた、楽しいピアノのレッスン。
 楽しいって何だろう?という永遠の課題。
 
 私にとっては、弾けるようになること。 難しいことがあっても、それを乗り越えて、弾きたいものを弾けるような力をつける。

 クラシックを聴く習慣があるご家庭ではありません。 彼女もピアノのコンサートは一度も聴いたことがありません。
 でも、彼女が今回興味を持った曲は、流行りの音楽ではなく、ブルグミュラーの18の練習曲の1曲だった。
 たまに、Frozen(あの、日本で超人気のディズニー)の楽譜がピアノの上にあることもありますが、これは、あくまで自分で弾いて楽しんでいるようで、レッスンで、とは言われません。
 これこそが、私が望んでいること。
 普段のレッスンをきちんとすれば、弾きたい曲の楽譜を自分で正しく読んで、弾けるようになる。
 
 もし、私があの時に私の手をまねさせる、という私にとっても楽な方法をとっていたら、今の彼女はいないはず。
 全ての子にこれが良い、というつもりはありません。
 だからこそ、色々な先生がいらっしゃるわけですから。

 
 

Posted on 2015/03/30 Mon. 13:50 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

30

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2371-ae53d267
Use trackback on this entry.

Trackback
list