08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ピアノのレッスンの難しさ 

 先日の航空機事故、ニュースを読めば読むほど、複雑な気持ちです。

 来週の週末が、イースター。
 よって、イースターの時期によりイースターホリデーが前後するイギリスでは、私の生徒の多くは、昨日、今日で学期が終わり、公立の多くは2週間、私立の一部は3週間のイースターホリデーに入ります。
 
 今回は4人だけだったものの、3月1週目にスタートしたグレード試験も、数日前最後の生徒の試験が終わり、一安心。
 まだ、結果が出揃わないので、不安もありますが。

 改めて、ピアノのレッスンを続ける、ということはどれだけ大変なことなのか、と思わずにはいられないことがこのところ続きました。
 そして、以前にも書きましたが、人種が色々な私の生徒たち、日本人の生徒は、今の小学生世代だと、お母様方がピアノを習った経験がおありになることが多く、練習の必要性もわかっていらっしゃることがほとんどで、それほどの苦労はありません。
 未だに、クラシックの音楽家の名前をすぐに思い浮かべられなかったり、この1年半、いくつかのコンクールに行きましたが、そのようなところで出会うことが全くなかった人種の人たち、というのは、こちらも一からの説明が必要になってきます。

 それでも、他の先生からの引継ぎ(私は、全く知らない方。 しかも、ほとんどピアノが弾けないでも、導入だから教えられる、と思っているような先生)の生徒で、教え始めに練習のことをお話したら、
「うちの子は、とても良く練習するから、大丈夫です」
 とお母様に言われ、それを鵜呑みにしたら、その前の週にレッスンでやったことを、すっかりと忘れて覚えていない。
 初期のうちは、新しい曲を一緒にやって、それなりに弾けるようにしてから、それをキープする意味で練習してもらうのですが、レッスンでしっかりと弾けていたものも、わからなくなってしまっているのです。

 それが続くので不思議に思って、詳しく聞いてみたら、
「今週は、2度も練習したんだよ!」
 との本人の答え。
 お母様に伺ったら、
「今週は2度もやったのに、何が問題なのですか?」

 ピアノに限らず、楽器、というのは、できる限り毎日やらないと、忘れてしまうし、指が動かなくなってしまうものなのです。

 きちんとした先生に習っていて、先生のご都合で私を紹介されてみるようになった生徒。
 「非常に賢くて、朝晩の練習を欠かさないのに、なかなか次の曲にすすまない」
とお母様から言われました。
 
 前の先生から、できていないところ(先生がノートに指摘)を10回繰り返す、その方法もしっかりと教わっていました。
 が、何かがおかしい。
 こちらも、お母様にもいらして頂いて、子供と共にきいてみたら、間違ったままでも、10回弾いたらおしまい。
 レッスンの中では、10回はできないことが多いのですが、正しいのを5回、としてあまりにも間違いが多い部分は反復させていたのですが、実際の練習はこう。
 
 「正しく10回、ということは、スペリングの練習と同じね。 わかったわ!!」
 とお母様がおっしゃったので、良かったですが、こちらは、スペリングを正しく10回、間違ったものは回数に含めない、という感覚をお持ちなら、ピアノも同じだろう、と思っていても、意外と一から説明すべきこともある。

 基本的に、私は、練習時間、回数の指示はそれほどしていません。
 まれに、時間をきかれますが、ダラダラ30分やるよりは、集中して15分の方がよい(あくまでも、導入レベルの話)と思います。
 回数も、部分練習に関しては、基本、10回正しく弾ければ弾ける(一日だけではありません)と思いますが、子供たちによく言うのは、10回正しく弾いても、20回間違っていれば、間違った数の方が多いのだから、確実とは言えない。

 特に賢い子は、お勉強で突っかかっていないので、ピアノも、1度、2度弾いてできないと嫌になってしまいます。
 それを、5回間違っても、6回目でできる。 7回目が間違っても、8,9回目はできる。
 ここまでは私は粘ります。
 ただ繰り返させるわけでもなく、問題点があれば、それを修正しながら、子供たちに、どうしたら弾けるのか、を一緒に考えてわかってもらいます。
 こういう子は、段々できる回数の方が多くなると、こちらが止めても弾き続けるほど、繰り返します。
 もちろん、これを何度も繰り返していますが。
 戦いです。

 我が家にとって、才能もないから、おけいこ事、というのは、別にそのおけいこ事ではなくて、壁にぶつかった時、それを乗り越えられる、ということを学ぶ、ということ。
 自分で習いたがった、バレエ、日本舞踊は、小学1年生、幼稚園の時でしたが、それでも、習う前に、始めたら最低3年間は続けること、と母に言われたことをよく覚えています。
 実際、3年間でやめることはありませんでしたが。
 どんなにできなくても、先生に注意されても、やめたい、と思ったことはありません。

 10か月のレッスン後、嫌になって半年やめ、お兄ちゃんが弾くのを見て弾きたくなってまたスタートしたものの、3か月経った今、再びピアノをやめた6歳の子がいます。
 それも、レッスンの3日前に、やめます、という連絡。
 子供だから仕方がない、とお母様には言われましたが、他に方法はなかったのか?
 ちょっと難しいから、やめる、では、この子はどうなるのでしょう?
 私のレッスンの仕方が100%正しかった、というつもりはありません。
 でも、他の子たちをみていても、壁にぶつかっていない子はいません。
 それをどのように乗り越えるか。
 6歳だから仕方がない、ではなくて、6歳でも乗り越えられる、と私は思ってしまうのですが。

 
 
 
 
 
 

Posted on 2015/03/27 Fri. 23:11 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

27

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2369-6afdaff8
Use trackback on this entry.

Trackback
list