07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

お正月が来ると 

 日本はお正月真っ只中だと思いますが、ほぼ普通の日常のロンドンです。
 私も、今日から教えの仕事始め。
 
 お正月が来るたびに、子供のころから思っていて、叶えられなかったことを3つ思い出します。
 
 1、 お正月の神社での巫女さんのアルバイト
 2、 欽ちゃんの仮装大賞に出ること
 3、 箱根駅伝に出る大学へ行くこと

 1に関しては、年末になるとテレビのニュースでこれを取り上げていて、それからずっと憧れ。
 ですが、大学からイギリスへ来てしまったので、途中、年末年始に日本へ一時帰国をすることはありましたが、家族との時間が大切で、このようなアルバイトをしませんでした。
 
 ただ、2年前の元旦、都内の某神社へお参りへ行った際、家族がお祓いをしている間、母とロビーのようなところで待っていて、お花の前で写真を撮っていたら、なぜか3人の方から神社の人と間違えられたようでした。 ピンク系の着物を着ていたのに。
 というわけで、本当は天職だったのか?とも思います。

 2に関しては、子供のころ、ウサギ年だったと思いますが、男性二人で一瞬芸のような感じで、組み合うとうさぎになる、というのが一位を取ったことがあって、あの芸とそれを考える柔軟な脳に憧れたのでしょう。
 これも、願いかなわず。 まあ、その場にいらした方々の記憶になぜか残ってしまった、一昨年のサマーコースでの、ファンコンサートで、師匠にサプライズでサン・サーンスの『白鳥』を弾いて頂いて、トウシューズを久々に履いて瀕死の白鳥もどきを踊ったのが、これの代わりかな、と思うことにします。

 3に関しては、大学へ行きなさい、と言われなかった我が家ですので、大学がどのようなところなのかはわかりませんでしたが、それでも、自分の母校の襷が箱根でつながる、ということに憧れました。
 私の子供の頃は、早稲田がとにかく強くて、なかでも、渡辺選手が素晴らしかったころ。 一昨年久々に箱根駅伝をテレビで見た際には、もう監督になられていておどろきでしたが。

 今日も、とりあえず、往時の結果だけは確認してしまいました。

 今年の目標は、もちろんピアノを頑張ること。
 そして、お節料理を作ってみて、部屋の中に広がる日本の香り(おしょうゆ)に反応し、郷愁を感じる自分がいることがわかったので、調味料以外は日本食材店を使わずに作る日本食、というのを作ってみたいな、と。
 まずは、半年に1回くらいはお味噌汁を作ってみたいな、と思います。
 
 

Posted on 2015/01/02 Fri. 23:04 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

02

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2342-96245766
Use trackback on this entry.

Trackback
list