09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

私のクリスマス2014 

 日本では今更感がありますが、私の25日のクリスマスを。
 縦の写真が再び横向きになってしまっているので、顔を横に向けてご覧ください。

141225-1


 本物のモミの木に憧れますが、今はまだ、小さなシルバーのツリーで。
 見えないですが、てっぺんには、イギリスらしく、エンジェルがいます。
 主に生徒たちからのクリスマスカードの一部。


141225-2


 こちらが、私の25日のクリスマスディナーのスターター。
 フランスの家庭料理である、キャロットラペ、玉ねぎのマリネとスモークサーモン、実家定番のパパイヤ、クレソン、小エビのサラダ、ピーナッツソース添え。

 キャロットラペは、昨年パリ郊外のマルシェで出会って、大好きになったもの。
 先々週フランスへ行った時にも、スーパーで見つけて滞在中食べていました。 それで名前がわかったので、レシピを調べて今回トライ。
 ですが、私の大雑把な性格により、キャロットの千切りが太すぎて、イマイチでした。
 千切りを極めなくてはいけません。

 パパイヤのサラダは、果物をお料理に使うことをそれほど好まない我が家がはまったもの。
 幸い、ロンドンは多民族の街なので、その辺にある、異国情緒あふれるお店に行くと、簡単に手に入ります。
 今回は、ブラジル産でした。

 頂き物のシャンパンがあったので、一人でシャンパンも。
 元来お酒に非常に弱い(意識を失う)ので、フルートグラス1/3で目が回ってきたほど。
 全部飲み干すのに、なんと3時間。 

141225-3


 メインは、ターキー、といきたいところですが、一人暮らしでターキー一羽というわけにはいきませんので、添えるローストベジは、ブルッセル・スプラウト、パースニップ(見かけは、白い人参)、ニンジンという風にしましたが、メインは、東欧に縁があった今年の私らしく、東欧のお料理、サルマ(Sarma)。

 サルマとは、ロールキャベツ(ブルガリアへ行った時には、ブドウの葉に包まれたサルマもありました)。
 ただ、包むキャベツが日本とは違う。
 そして、ひき肉と共に、お米も入っています。 調味料には、パプリカも。


141225-4


 こちらが、キセリ・クプス(多少の発音の違いあり)というもの。
 クプス(クープスだったり、クーポスだったりわかりません)というのは、キャベツのこと。
 セルビアの市場で出会って私が非常にはまった食べ物です。
 これは、11月頃、我が家周辺のトルコとかイラン系のお店でいきなり数店舗が取り扱った密封されたキセリ・クプス。
 自分で作るのは大変なので、買ってしまいました。


141225-5


 ボールにあけると、こんな感じ。
 キャベツの芯を切り抜いただけで、キャベツひとつ分の量。
 25日は家の中がお酢と発酵の匂いで凄いことになりました。 ついでに、私の手も。
 
 量が凄いので、クリスマス以降、毎日のように私の食事はサルマです。
 大きさが大きく見えますが、キャベツの一枚が大きくて、中身はそれほどでもない量です。
 まだまだレシピ改良の余地ありです。
 

141225-6


 こちらは興味半分でセルビアで買ってきた、サルマの味付けの素? 
 基本的にこういうものは使わない方なのですが、これだけはおもしろくて買ってきました。
 

141225-7


 そして最後に、24日に教会のキャロルサーヴィスに参列する前、この教会の地下のカフェというかレストランで食べた、私の毎年恒例のクリスマスディナー。
 いちおうトラディショナルなのですが、メインのターキーは右上に押しやられて、真ん中に赤キャベツがてんこ盛り。
 左下にある赤いのは、ターキーに欠かせない、クランベリーソース。
 クランベリーソースを手作りする方もいらっしゃるのでしょう。 クリスマス直前のスーパーストアには、生のクランベリーが並んでいました。
 本来ならば、ターキーとクランベリーソースは近くに盛り付けて頂きたいものですが、なぜか対角線上に。
 
 日本は知りませんが、私が今までイギリスの寮などで覚えたことによると、イギリスでは基本的に、ローストしたお肉には、チキン→アップルソース、ラム→ミントソース、ターキー→クランベリーソース、ビーフ→ホースラディッシュ、という付け合わせというか、ソースというか、添え物が出てきます。

 というわけで、これらが私のクリスマスでした。
 こんなにまじめにクッキングをしたのは、恥ずかしながら、7月に友達がランチに来てくれた時に中華を作った以来です。

 
 
 

Posted on 2014/12/30 Tue. 23:38 [edit]

category: クリスマス、行事、習慣

TB: 0    CM: 0

30

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2340-4cd735e1
Use trackback on this entry.

Trackback
list