04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ブルガリア ドブリッチの街2 (9月14日) 

既に2か月近く前のこととなりますが、乗り掛かった舟(?)なので、9月のブルガリア→ルーマニアの続きです(今更ですが・・・)

140914-6


 3泊したドブリッチの街には、こうしたキオスクがいくつもありました。
 これも、今まで訪れた東欧の国と共通していますし、このキオスクをみると、東欧に来たな、と感じます。
 タバコ、新聞、お菓子、飲み物、雑誌などを売っていますが、ここでも見かけたのは、SUDOKU。
 どこの国産なのかはわかりませんが、日本生まれ(だそうですね?)の数独が今や世界で。


140914-8

 
 街にはとにかく空間があり、ベンチがたくさんあったのも印象的でした。
 私が行った時は、イギリスは既に涼しくて、ブルガリアは暑くて湿度が高くて、私はコンクール一日目は、体調もおかしく湿度によって偏頭痛。 
 もう少し身体に気候がなじむ時間があったら、こういうベンチでのんびり、というのが一番好きな時間ですが、今回は叶いませんでした。
 

140914-7


 教会を見つけましたが、外観がイギリスでみるものとはずいぶん違います。
 残念ながら中には入れず。

140914-11


 このところ、いくつかの国へ行って、結構すぐに覚える単語が、『薬局』。
 ブルガリアは、アプティカ。 セルビアもそうだったと思いますし、スロヴェニアもアプテカ。
 国境を越えて、ルーマニアへ行ったら、ファルマシアでした。
 この辺の薬局、という単語一つとっての言葉の境界線も興味あるところ。

 見にくいのですが、注目は、この写真の建物の左側にある、舞妓さんの写真。
 日本人ではなく、東欧人の舞妓さんの写真なのですが、他の薬局でも、この舞妓さんの写真でした。
 非常に謎ですが、非常に興味があります。
 ポスターという感じでもありません。
 どうして、ブルガリアの薬局の壁に舞妓さんの写真なのか。

 

140914-9


 コンクールの本選が終わった後、お野菜が食べたくて入ったレストランでのナントカ風サラダ。
 きゅうりとトマトの角切りに、これはセルビアでも食べたのですが、あまりなじみのないチーズがかかっています。
 一番上に乗せてあるトマトがバラの形なのは、ブルガリアならでは??

 

140914-10



 夜のガラコンサートが終わった後、このガラコンサートで3位を頂いていたことを知った為、帰りにホテルの近くのケーキ屋さんでケーキを買うことに。
 東欧はケーキ天国。
 日本のような繊細さはないかもしれませんが、このようなケーキはイギリスではフランス系のカフェでしかほとんど買えません。
 
 そんなこんなで、あっという間にドブリッチでの3泊でした。
 
 この翌日が、ルーマニアまでの陸地移動。
 ホテルで伺ってみても、イマイチ交通手段がわからない。 
 インターネットで調べてもLimited。
 私なりに予想を立てて予定は組んでみたのですが・・・ 

 

Posted on 2014/11/12 Wed. 14:08 [edit]

category: ブルガリア

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2332-d07ebbc2
Use trackback on this entry.

Trackback
list