03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

お料理のお手伝いとピアノの関係 

 恐ろしい勢いで、月日が過ぎていきます。
 新学期が始まったばかり、と思っていたのに、私立の学校の一部は、来週から2週間のハーフタームホリデー。
 公立の学校は、ハーフタームは1週間なので、再来週から。

 ピアノにおいて、音命、の私は、ある程度まできたら、生徒たちのレッスンでも、音色を豊かにする為のタッチにうるさいです。
 タッチの違い、というのは、皆骨格も違うわけですし、肉のつき方も違うし、非常に厄介。
 どんな音を出したいのか、子供たちにまだその耳は無いので、ある程度の導きをしてあげなくてはいけません。

 ピアノを弾くというのは、日常生活で得られる手の感触がたくさんある、と私は考えています。
 子供たちにわかりやすい方法で伝える。
 それは、結局のところ、子供たちが経験した物が生きてくる。
 
 中でも、日々のお手伝いから得られるものはたくさん。
 手首の動きは、テーブルをお台布巾で丁寧にしっかりと拭く、ということから得られますし、和音をつかむ感触は、こねることから得られる。
 パン作りのDough(生地?)をこねるのと、ハンバーグを作る時のひき肉をこねる時。 これらは、似ているけれど、違う。
 よりボールから中身を外に出さないように、手の付け根と、指を使ってやっていくこと。
 お手伝いをしている子供たちは、つかむのが早い。
 していない子たちは、難しい。
 真似だけではできない世界、と私は考えています。
 
 もちろん、我が師匠は、2台のピアノで弾きながら、徹底的に音として私に叩き込み、先生が違う、と言えば、1小節を1時間でも先生の音が出るまで、自分で指の角度を変えたり、強さを変えたり、腕の重さを変えたり、速度を変えたりしながら私自身が修得したものです。
 ですが、2台ピアノがないですし、さすがに子供たちに1時間1小節をするわけにはいかないので、私は師匠とは違う方法で、ピアノから離れたところからタッチを伝えています。

 日本では、ピアノを専門に学ぼうとする場合、小学生のうちから、ピアノだけに打ち込まなくては無理だ、というのは重々承知しています。
 でも、それ以外から得られることもたくさんある。
 もっとも、日本では私が今まで接してきた部分では、タッチ、というのはほとんど重要視されていません。
 ということを考えれば、私がここに書いたものは意味を持たないのですが、私は日本人という人種、国籍を持ちながらも、ピアノに関しては、日本人ではありません。 ロシア系の指導をずっと受けてきていても、日本人であるということ、これで、どれだけ今まで、今でも嫌な思いをしてきているか。 仕方がないことなのですが。

 私は私なりのこだわりもありますし、自分が受けてきたピアニズムを、多少伝え方を変えながら、子供たちに伝えていきたい、と思っています。
 良い音が出るようになったら、音色が増えたら、コンクールでは評価される対象になりにくいかもしれませんが、聴いて下さる方には伝わる、と思っています。

 私は子供の頃にピアノに打ち込むことはありませんでしたが、母のお夕食の支度のお手伝いをしたことは、今となっては一番の宝だったのかな、と思います。
 お料理を覚えなくても、その時の感触、というものは、ずっと残るもの。
 ホイップクリームに指を突っ込んだり、お豆腐を壊れないように持ち上げる。 今まで、私はこういうことにレッスン中救われてきたように思います。
 
 ということで、ピアノが上手になるには私はお手伝いをすべき!という考え。
 その時、練習時間を30分短縮したとしても、後に残るものになるのではないかな、と思いますが。
 
 

 
 

Posted on 2014/10/17 Fri. 23:00 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

17

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2318-1b3a77f7
Use trackback on this entry.

Trackback
list