05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

魔法のレッスン 

 既に3週間前のことですが、サマーコースのこと。

 レッスン開始2日目、私はその日は教えもなく、自分のレッスンが1時間だけ。
 あとは、私の生徒のレッスン見学(他の先生のレッスンの)。
 
 その前日に1時間の指導をし、結局、この翌日からは毎日私がみることになった、ピアノ歴2年の女の子。
 この日は、私の師匠が彼女のレッスンを担当。 
 毎晩、先生方は生徒たちの翌日のレッスンの予定を組みます。
 師匠は、できていない子は自分が一度みなくてはいけない、という使命感のようなものをお持ちだと思います。

 前日あまりにも驚く状態だったので、一応師匠に前日の内容をお伝えした方がよいかな、と思って師匠のところに行ったら、教えがないのだから、1時間レッスンを見学してほしいと拉致されました(本当は、この時間は、私の生徒のレッスン見学に行く予定でした・・・)。
 
 あの師匠の子どもへのレッスン。 以前、ご自宅でのレッスンの際、私の前が4歳の女の子で師匠の指導には驚いたことがありました。
 今回は、このピアノ歴2年、全然弾けない子と、このコースでは初であるはずの、UAEからのグレード6に既に良い成績で合格している女の子。
 このグレード6の女の子も私が前日に指導をして、疑問を持った子。

 ピアノ歴2年の女の子、前日にやったことを全て忘れていました。
 それが、コピーをさせるわけではないのに、師匠の指導で、とりあえず、4小節、正しい音で、正しいリズムで弾けた。 あまりの出来事に、私には魔法にしか思えませんでした。
 そんな目に見えてすごいことはしていないのです。 でも、度胆を抜かれた。
 一瞬にして、彼女の音が変わりました。

 UAEからの女の子も、長期にわたって教えるのではなく、短期で、うわべだけではない指導をどうすればよいのか。
 私たちからすると、打鍵に問題がありすぎた。 師匠が直したいと思った部分と、前日私が直したいと思った部分は、同じでした。
 それをどのようにするのか。
 
 現在の私の指導、というのは、
 私自身が師匠に与えて頂いた膨大な時間、内容のレッスンでの記憶。
 ラッキーなことに何度か見学させて頂けた、師匠の奥様の子どもたちのレッスン見学で得た知識。
 私自身がこうして講習会、マスタークラスなどで指導して頂いた記憶。 
 以前から、サマーコースで練習に疲れると、他の方のレッスン(特に子供)を見学させて頂いて得た知識。

 これらをミックスさせたものだと思います。
 怠け者ですし、自分が実際に受けたものを信じたいタイプなので、あまり指導書のようなものは読んでいません。
 共感できる時もありますが、そうで無い時、納得しないでそれを受け入れるよりも、私が信用している先生方の伝統をつないでいきたい、という思いがあるからかもしれません。

 通常のレッスンでは、ひらめきが強い方なので、生徒たちの問題点がみつかって、それまでにその解決をしたことがない場合は、どうすれば一番良いのか、というのがどちらかというと、すぐに閃いて、それにより問題解決をする。 それでうまくいかなければ、他の方法を試す。 というスタンスです。
 私が弱いのは、他から移ってきた子供で、ある程度進んでいるのに、とんでもない癖とか、根本的な問題がありすぎる時。
 長期にわたってみるこの場合は、ご両親、本人と話し合って、長期戦で一度全てを崩して臨みます。
 が、こうして短期の場合、どうするのか??
 多くの場合は、残念ですが根本的なことには目をつぶって、とりあえず、うわべを良くします。
 そういう先生がほとんどです。

 でも、私は性格的にそれが嫌。 
 根本的解決をしなければ、1週間が無駄になる子供たちもいます。
 師匠の場合、あまりにも癖が強くて出来上がっている場合は、それをいかしていくことも多いのは確か。
 ですが、改良の余地がある、と思えた場合(これは、私が思うに、付き添いのお母様だったり、本人だったりを先生は結構鋭く瞬く間に観察しています)、これからに役立つであろうこと、この1週間でできるであろうことを伝えていきます。

 これが、再び目から鱗が落ちるレッスンでした。
 
 UAEからの子は、この後私は2度レッスンをしましたが、師匠のレッスンを元に、直していき、できている部分は、その次の階段を上るだけ。

 私にとって、今回の講習会で、自分自身が受けたレッスンももちろんですが、この師匠の1時間のレッスン見学をさせて頂いたことが、あまりにも大きな糧でした。
  
 でも当たり前ですね。 この私を、21歳から指を一本ずつ持ちながら打鍵法を教えて下さった先生。
 普通なら無理、と言われる世界ですが、どうにかなんとかここまで来ることができた。
 もちろん、私は大きなピアニストではないし、コンクールも予選落ちを繰り返し、大きな舞台にも立っていません。
 でも、日本なら、いや、多くの先生には門前払いになってしまうような経歴でもここまでは来ることができた。
 なんだかんだ言いながらも、とりあえず、王立音楽大学の修士号は修了していますし。
 
 できが良く、それなりに出来上がっている生徒に磨きをかけられる先生もたくさんいる。
 でも、私は結局のところ、できない人を根本的にできるようにできる先生が好き。
 師匠は有名ではありませんが、そして私が下手だからというのもありますが、師匠から学ぶことはまだまだ多くあります。
 毎回のレッスンでは、打ちのめされてばかりいます。
 
 私が師匠に初めて出会った時の予定だと、師匠は今頃80代のはず。
 私の(いや、多くの人の)予想を大きく外れて、来年還暦。
 
 コースが終わって、師匠としゃべった時、私が、初日に先生だと思われなかった(その後も、実年齢より7歳以上は若く見られることがわかった・・・)という話をしたら、以前から知っていたことでもありますが、師匠の髭の話に。
 師匠は若くして自分よりも年上の人たちの指導をした為、若く見られないように、20歳頃から髭をはやしているそうです。
 だから、私にも考えてみろ、と。
 ストラヴィンスキーのThe Rake's progressのオペラの話になって、女も髭をはやすだろ、と。
 さすがの私もこれには従いませんが。
 若く見られるのは複雑。
 もう少し年を重ねたらそう思えるようになるのでしょうが、ヨーロッパで素敵に年を重ねているご婦人を目にすることが多いので、若ければよい、という考えがあまりありません。 私の場合中身の問題でしょうね。

 というわけで、この夏に得たことを私の生徒たちに伝えていきたいです。
 私も先生の魔法をほんの少しでよいから使えるようになりたい、と思うばかりです。
 望んでばかりいないで、身につけなくてはいけませんね。


 

Posted on 2014/09/08 Mon. 12:41 [edit]

category: サマーコース 2014

TB: 0    CM: 0

08

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2309-b3c44663
Use trackback on this entry.

Trackback
list