05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

明日から恵まれた牢獄へ 

 暑い日本が羨ましくなるほど、まだ8月中旬なのに、すっかりと今週に入ってから秋の風になっているロンドンです。
先週までは、家の中ではノースリーブだったのに、今はカーディガンを羽織り、昨晩は、掛布団だけでは、少々肌寒く、毛布が必要かな?という気候になってきました。
 
 前回の続きを書きたいですが、再来週に。
 明日から、サマーコースです。
 自宅から車があれば、30分ほどの場所ですが、生憎運転ができないので、現地に泊まり込みます。
 今回は、3.5、いや、4足のわらじをはくことになるであろう、サマーコース。
 受講者、指導者、伴奏者、雑用・お世話係と受講者の苦情承り係。 これに場合によっては通訳。
今回は、英語を話せる日本人も多いのがわかっているので、例年よりも楽なはず。

 気候の変化で体調を崩すことを心配はしていましたが、ハニー&レモン、気合でどうにか乗り切りました。
 
 1週間、食事の心配もせず(寮なので、3食付)、ピアノに打ち込んできます。
 毎年のように、女の先生方とは、コース終盤になると、「もうそろそろ、家事に戻るのよね・・・」という会話が行われます。
 私は独り身なのでまだ良いですが、ご家庭がある先生方はもっと大変でしょうから。

 ピアノも荷物も準備が終わりませんが、どうにかなるでしょう。 いや、しなくてはいけません。
 人里離れて、周りには自然しかない(徒歩圏内に、コストコはありますが)中で、朝9時から夜まで決められたスケジュール。 常連たちは、『恵まれた牢獄』という言い方で、頑張ります。
 2001年に初参加してから、今回が11回目の参加。
 師匠の長男を除くと、一般参加では一番の古株の1人。 
 8日後、無事生還できることを願って、勉強してきたいと思います。
 
 1週間後の天候が読めない為、北半球の8月だというのに、セーター、ヒートテックを念の為持参します。
 日本の暑さを理解した上で、夏なのに汗をかけない不健康な気候に悲しくなる、私の8月です。
 

Posted on 2014/08/15 Fri. 13:13 [edit]

category: サマーコース 2014

TB: 0    CM: 0

15

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2301-8c315c7b
Use trackback on this entry.

Trackback
list