03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

リエカ(Rijeka)の海、小さな小さな空港から帰国 (7月13日 その2) 

 たいして時間もないのに、すっかりマーケットでゆっくりしてしまった為、街歩きはとても早足で。

140713-13


 海が大好きな私は、あえて、街の中を通らずに、海辺?を歩くことに。
 ちょうどお天気も良くて、船のある風景がとてもすてきでした。

140713-14


 下を見たら、濁っているように見えてとっても澄んでいるお水で、お魚が!
 何だかはわかりませんが・・・ どじょう??

140713-15


 時計があるのが、教会のようです。
 この何とも言えないごちゃごちゃさ。
 日本のごちゃごちゃとはまた違う風情。

140713-16


 ショッピング街のようなハイストリートがあったのですが、そこの脇に、こうして木、ベンチ、お花があって、遠くに船が見える素敵な空間がいくつかありました。
 

140713-17


 バスターミナルの近くにあった、教会の、とっても凝った入口。
 ちなみに、日曜日のお昼過ぎで礼拝中。 暑いからかドアを開けたままでした。

 
140713-18


3時半のロンドン行きの飛行機に乗るのに、リエカの街から、空港までのバスが飛行機の時間にあわせて出ているようで、この日は1時のバスが最終。 これに乗り遅れると、タクシーで行くしかなくなるので、バスに乗り込みました。
 
 リエカ空港は、本土ではなくて、橋を渡った、Krk島にある為、こうして海を見ながら高台を走りました。


140713-19


 ノルウェーのフィヨルドを思い起こさせる(といっても、私は奥の方ではなくて、オスロフィヨルドの入口しか見ていません)濃い海の色。

140713-20


 と思ったら、どんどん下に下がっていって、砂浜?の方はとっても澄んだきれいな色。
 道路からほんの5mほどで海になるのですが、地元の方々と思われる方々が、砂浜でもない、コンクリートの部分で日光浴、海で遊んでいらっしゃいました。
 道路からすぐのところで、日本だったらきっといないであろうお姿の、ビキニ姿のおばちゃんたちも日光浴。
 いや、日本人が気にしすぎです。


140713-21


 25分ほどバスに揺られて、着いたところは、本当に空港?という建物。
 村役場??

 建物の中には、カフェが一つありましたが、入口を入ってすぐのところに、ヴィザチェック(ライアンエアーはうるさい)、手荷物検査。
 チェックインカウンターは2つくらいあったような。 私は手荷物だけだったので。

 それを抜けると、パスポートコントロールがあり、もう待合室。 ゲート番号なんてものは存在致しません。
 一応、免税店は一つありましたが、お酒がほとんど。
 お水を買ったら、ここはクーナではなくて、ユーロでした。
 
 空港についてから、ゲートまで多少荷物検査が混んでいたものの、5分。
 皆、長い長い待ち時間になるのでした。
 
 お手洗いに行こうと思ったら、2階分下に降りて(斜めの土地に空港が建っている感じ)、とても空港とは思えないような、役場のお手洗い。
 驚くことに、窓が開いていたほど! 
 通常、手荷物検査を終えたら、外の空気に触れることはできないのに。

 私たちが乗る飛行機が着陸したもの、乗客が降りてくるのも、バッチリ見えました。
 もっといえば、飛行機に乗らない人も、ゲートの待合室とカフェの間がガラス窓だったので、到着する、出発する人たちを最後まで見ていることができたようです。

 

140713-22


 飛行機の中から、空港建物を。
 私が日本で通っていた小学校の建物よりも小さいと思います。
 ちなみに、このロンドン行きの10分後に、とっても小さい飛行機がどこか聞いたことがないところへ飛んだら、この日は営業おしまい。

 どうやら、一日ほんの数便のフライト。
 ロンドン行きも、週に2便ほどしか飛んでいません。
 そうでなければ、ここに1泊してゆっくりしてからロンドンに戻っても良いかな、と思っていたのですが、次の飛行機はこの3日後までなかったので、諦めました。

 セイシェルも、スペインのサラゴサ空港も小さな空港でしたが、ここまでの小ささ、元々空港ではなかったのだろうな、と思うようなところは、初めてでした。
 
 

140713-23

 
 空港に着いた頃、少し雨が降っていたものの、離陸の時には晴れて、アドリア海を北西に飛んだようなので、島がとってもよく見えました。
 きっと、ヴェネツィアも見えたのでは?と思うのですが、わかりませんでした。
 
 これにて、クロアチア記おしまい。
 ぜひ、ホリデーで行きたいです。
 ホリデーで行きたいところが増えるばかりなので、困ります。
 5月にはアドリア海をイタリア側から見て、今回は、クロアチア側から。
 次回は、アドリア海で泳げるか?いつになるかわかりませんが。

 久々に、旅の記録を書き終わりました。 セルビアも、フランスもイタリアも全て途中で終わっていますから。
 5月2度目のイタリアなんて、全く書いてもいませんし。
 長々と読んで頂き、ありがとうございました。

Posted on 2014/07/26 Sat. 20:22 [edit]

category: クロアチア

TB: 0    CM: 0

26

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2295-3578523b
Use trackback on this entry.

Trackback
list