04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

引き出し 

先日、師匠のレッスンへ行って、色々なことを思っていました。

 師匠と休み無く勉強したのは、カーディフの大学、ディプロマコース時代の5年間+ロンドンで修士号に進む前のプライベートで習った1年=6年間。
 その後は、非常に飛び飛びです。

 6年間、と言っても、私の場合は全く何もできていない状態からの6年間なので、導入から始めての6年間でした。

 先生が指を1本ずつ持って、打鍵を教えいく。
 曲の1小節の中にある、さまざまな音色、タッチを覚える為に、1時間、Noとしか言われず、先生が弾くのをまねしたこともあります。 その真似が難しくて(先生の耳をコピー)、わけわからなくなって、泣いたり、叫んだり、ということもありました。

 他の音大生と違って、一つの曲を仕上げていって、1、2度先生にみて頂く、というレッスンでは私の場合はありませんでした。
 もちろん、一度に膨大な量の曲を抱えていましたが、非常に時間をかけて、1つの曲を徹底的に仕上げました。
 その割には、楽譜の書き込みは非常に少ない。
 指使い、ペダルが主なものでしょう。
 それだけ、全て、私の耳、指先、腕が記憶しなくてはいけないものばかりでした。

 先日のレッスンの際、先生から指摘されたことを1度で直せる時もあれば、2,3回トライして出せる時もありました。
 これを、私はこのように考えます。
 
 小さな引き出しがたくさんついた飾り棚があります。
 この引き出しに、私は師匠との6年間で多くのものを詰め込んだ。
 まだ空いている引き出しもあるし、ぐちゃぐちゃな引き出しもある。
 引き出しの奥の方にしまってあるものは、2、3つの引き出しをあけてみないとみつからないけれど、でも、閉まってあるものは、見つかる。
 
 サマーコースで、数人の先生のレッスン受けるので、色々なことを思います。
 棚の上に飾るのが得意な先生。
 その飾り方が独創的な人もいれば、皆同じでないと駄目な先生もいる。

 私が好きな先生は、棚の上を飾るだけではなくて、空いている引き出しにちょっと何かを入れてくれる先生。
 簡単なことと思うかもしれませんが、それができる先生はとても少ない。
 引き出しに入れる、ということは、後々、その作曲家の違う曲を弾く時、もしくは、全く違う曲で同じようなタッチが求められる時に、また取り出すことができるように入れる、ということです。

 非常に初期的なこと、としては、譜読みの仕方、私が口うるさく言う、ゆっくり数えながら弾く、ということから、引き出しに入れていくことだと思います。

 私の師匠、Dr.Sと修士の時に師事したゴードン先生の大きな違いは、
 例えば、引き出しに同じ色の色をつける道具を入れていくとする。
 師匠は、『赤』という引き出しに、赤い絵の具、色鉛筆数社、クレヨン、ボールペン、色々な種類を入れる。
 ゴードン先生は、『赤』という引き出しに、赤いボールペン1社を何本も入れる。

 どちらも間違っていないのです。
 ただ、今コンクールを受けていて思うことは、ゴードンの引き出しの方が、コンクールでは強いだろうな、ということ。

 先週のレッスンの際に、『オーチン・ハラショー』と言って頂けたショパンのノクターン、5月のコンクールの際に、審査員の方から、「中間部、普通は盛り上げるところで、君は距離を置いてみているような弾き方をした。 普通と違うから、個性が強くて予選落ち」と言われました。 ただ嬉しかったのは、実際、私は遠くから見ているような情景をあらわしていたので、伝わったことです。
 師匠にはこのことは言っていなかったのですが、弾き終った後、この話をしたら、
「何が駄目なのだ? 別に、指示が書いてあるわけでもないし、変でもないし、説得力があるから、良いのではないか?」
 と言われただけでした。

 この人に常識は伝わらない。
 私が別に意識したことなんてないのに、個性が強い、といわれるのは、師匠のせいだ、と改めて思いました。

 どちらの引き出しも間違っていません。
 私は、棚の上を飾るだけの先生にはなりたくない。
 
 夏休みは、棚の上をきれいに飾れる小学生2人に、引き出しを増やして中身を入れていくレッスンをします。
 私が日本へ行かない代わりに、こちらへいらして下さる方もいるので、がんばらなくてはいけません!!
 私自身も、サマーコースでは、アシスタントとして教えながらも、自身も受講者なので、今から引き出しの整理をしなくては間に合いません。

 
 
 

Posted on 2014/07/02 Wed. 13:15 [edit]

category: RCMの生活

TB: 0    CM: 0

02

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/2283-92f625c5
Use trackback on this entry.

Trackback
list